最近のトラックバック

« 『ジェンナ 奇跡を生きる少女』 ほんとうのわたしって? | トップページ | 映画・桜・つくし »

4月のK図書館分館おはなし会 少人数だから

毎月第1週目の土曜日にK図書館分館おはなし会を担当している。毎年、4月の図書館の桜はちょうど満開なのに、今年はなんということだろう。彼岸桜がようやく咲いただけ。ソメイヨシノは、まだ、つぼみだった。
春休みも明日でおしまい。隣のI市では春祭りの真っ最中。そのせいか、子どもたちがいない。はじめは、たったひとりの小2になる女の子だけではじめた。1冊読んだところで、いつものMくん、Sちゃんの兄妹が、お祭りに行ってきたよと言いながら、かけこんできた。最後のエプロンシアターでもう一人、今度年長さんの女の子。とっても小さなおはなし会になった。

プログラム
 手袋シアター はながさいた まどみちお詩 *
 絵本 うえにはなあに したにはなあに (福音館の科学シリーズ) ローラ・M・シェーファー文 バーバラ・バッシュ絵 木坂涼訳 福音館書店
 絵本 きょうりゅうたちのおやすみなさい (世界の絵本コレクション) ジェイン・ヨーレン文 マーク・ティーグ絵 なかがわちひろ訳 小峰書店
 絵本 おいしいものなあに? (ちいさななぞなぞえほん (1))  石津ちひろ文 たかばやしまり絵 フレーベル館 *
 手遊び ホットケーキ *
 絵本 くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集) 秋山あゆ子作 福音館書店 *
 エプロンシアター 3びきのヤギのガラガラドン

 ひとりのときは、演じ手も、聞き手もちょっぴり照れる。Mくん、Sちゃんが来てくれて本当によかった。『きょうりゅうたちのおやすみなさい (世界の絵本コレクション)』では、Sちゃんは、ママが恐竜に食べられちゃうのではないかとはらはら。
おいしいものなあに? (ちいさななぞなぞえほん (1))』は手のひらサイズの小さな絵本。『くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)』は細かい絵の描きこみが楽しい(おはなし会用に大型絵本 もあるけれど、今日は普通サイズ)。両方ともおはなし会向けではないが、この人数なら大丈夫。ということで読んでみた。『おいしいものなあに? (ちいさななぞなぞえほん (1))』は、なぞなぞが3分の2くらいしか、あたらなかったので、ちょっと意外。でも最後のなぞなぞは、みんな声をそろえて答えたのでにっこりだ。『くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)』は、一度読んだ後、「かくしばね3きょうだい」をみんなで探して遊んだ。
 最後のエプロンシアターは、演じ手がトロルを子どもたちの目の前でだしては驚かせたので、そのたびに子どもたちは体をのけぞらせて、こわおもしろを楽しんでいた。
 少人数だからこその楽しみだ。

     ←手のひらサイズなので、家庭でおすすめ。

« 『ジェンナ 奇跡を生きる少女』 ほんとうのわたしって? | トップページ | 映画・桜・つくし »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/54412961

この記事へのトラックバック一覧です: 4月のK図書館分館おはなし会 少人数だから:

« 『ジェンナ 奇跡を生きる少女』 ほんとうのわたしって? | トップページ | 映画・桜・つくし »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ