最近のトラックバック

« 4月のK図書館分館おはなし会 少人数だから | トップページ | 4月のおはなし広場 のどのトラブル発生! »

映画・桜・つくし

 朝日新聞の3週間ぐらい前の土曜日版の「悩みのるつぼ」で、映画狂のため人生を誤ったのではと悩んでいるという50歳の男性の相談が載っていた。回答者の金子勝さんは、池波正太郎の『映画を見ると得をする (新潮文庫) 』を紹介し、『「自分の人生以外のもっといろいろな人生を知りたいという、そういう欲求を生まれき人一倍持っている人間」が「映画狂」になる』と引いている。「自分の人生以外のもっといろいろな人生を知りたい」それは、おはなしを聞きたいのと同じこと……などと思ったら、どうしても『映画を見ると得をする (新潮文庫)』が読みたくなった。図書館にはない。アマゾンで調べるとなんと中古なら1円!! 早速取り寄せた。
 昭和62年の発行。さすが、時代を感じる。今では、えっ?!そんなこと言っていいのと思うようなことも書いてある。けれど、私も知っている懐かしい映画があり、そして「スクリーン」や「ロードショー」といった今は廃刊になった雑誌のことも書かれていて、映画狂とまでいかなくても、映画大好きだった若き日々を思い出した。高校時代、「スクリーン」や「ロードショー」を、電車待ち時間に、駅前の本屋で立ち読みしていたなあ。あのころは、ああして読むだけですぐ俳優の名前なんか覚えちゃったなあ、など。
 新聞に引用された箇所は、なかなか出てこない。1章、2章と、池波正太郎ならではの映画の楽しみ方が書かれて、どんな映画にも見るところがあることを教えてくれる。
 そしていよいよ、最終の第3章で、あの「自分の人生以外の~」のくだりがでてくる。映画が「娯楽をしながら、いろいろなものが身につく芸術」であり、「わずか千何百円で、時間も二時間でね」と付け足され、「一週間に一本は映画を観なくてはというのだ。
 そうそう! 映画ほどすべての芸術が凝縮されたものはない(それからミュージカルも)と考えて、映画館によく行ったことを思い出した。それが、いまは、ほとんど行かない。数年前は、息子と「ハリー・ポッター」を見にいったけれど、息子が友達と映画に行くようになってからは、映画はわたしのなかから消えていた。なんてこと……。
 よし、さすがに1週間に1本とはいかないけれど、せめて1か月に1本くらい、いこうよ。というわけで、今日観てきたのは『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』。映画リハビリ開始、社会音痴の私には、ちょっとハードだったかも。あまりに厳しい老い、政治の動き、そして、メリル・ストリープのメークと迫真の演技に、ただただ驚いて観て、あっという間に2時間たった。

Ts3v00520002_2

 帰りの車から、川沿いに続く満開の桜並木を発見。わたしの町の桜はまだ咲きはじめなので、うれしくて、近くの大型スーパーに車をとめて、そぞろ歩きしてきた。すると、おやおや、川岸にはスギナが……。よくよく見れば、つくしも、ぽつん……。昨年も、今年も、なぜか家の近くの以前はえていたところで、つくしに会えなくて、さびしく思っていたので、大感激だ。それからは、桜はそこそこに、足元ばかり見て歩き、数本みつけた。
 うららかな、よい1日となった。

 

« 4月のK図書館分館おはなし会 少人数だから | トップページ | 4月のおはなし広場 のどのトラブル発生! »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

桜・つくしとともに ちょっと良いお話を聞いた気がして心がふっとうれしくなりました。
私は子どもの頃におじいちゃんと自転車で通った東映時代劇が原点で、やっぱり今でも時代劇大好き。池波正太郎は娘も夫も愛読書で文庫本ずらりですが、その本知らなかったな。私もちょっと読んでみよ。

マーガレットさん

おじいさんと通われたなんて、素敵な思い出ですね。映画をみると、おしゃれのセンスがよくなる、なんてことも書いてありますよ~。
そして、時代劇はさすが、詳しく書いてあります。
是非、読んでみてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画・桜・つくし:

« 4月のK図書館分館おはなし会 少人数だから | トップページ | 4月のおはなし広場 のどのトラブル発生! »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ