最近のトラックバック

« 朝の読み聞かせ 1年1組 緊張しちゃうよね。 | トップページ | 『太陽が見える』グルジアのあたたかさに包まれた本 »

『第9軍団のワシ』映画は映画 原作は原作

 ふふっ、また、昨日、映画を観てきた。
『第9軍団のワシ』だ。
 前半は、イメージ通り。そうそうと思いつつ観ていたのだが、マーカスとエスカが北へ旅立つあたりから、あれ? そうじゃないよね。と思い始めた。主役のマーカスと準主役のエスカの立場が逆転している。いつのまにか、エスカが主導権を握っているではないか。どこで原作にもどるの?と期待しながら見たが、ラストシーンも、まったく違うものになっていて、はぁー?とキツネにつままれた気持ちで、よく理解できないまま終わった。特に、マーカスとマーカスの父親の名誉のために、あれほどたくさんの血が流れ、命が奪われなければならなかったの? マーカスがワシを取り戻そうとさえしなければ、アラザシ族はじめ北の人たちは平和に暮らしていたのに……と、逆に感じてしまった。
 原作を知っていることがあだとなった。誇り、忠誠をテーマにしているのは同じでも、描き方は全く違う。原作を見た同じ目で観たために、引っかかってばかりで映画の流れについていけなかったのだろう。原作を知らなかたら、あるいは原作とまったく違うものとして観たら、きっと流れに乗り、後半盛り上がったのだろうに……。
 しかしながら、ハイランドの荒涼と広がる景色、国境の北壁、砦、亀甲の隊形、闘技場の様子が、映像で見られて、よかった。そして、マーカス役のチャニング・テイタムの素敵だったこと!! これだけで、もう、十分満足だ。

« 朝の読み聞かせ 1年1組 緊張しちゃうよね。 | トップページ | 『太陽が見える』グルジアのあたたかさに包まれた本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も先日映画をみました。
とても好きな本なので、期待していきましたが、原作と違ってのれない気持ちは同じです。一緒にみた、原作を読んでない人は、おもしろかったと感動していました。
                        

わすれなぐささん

おお、同じですねえ!! 好きな作品ほど、違っているときのショックは大きいかもしれません。読んだ時と同じ感動を求めてしまいますし……。

でも、原作を読まれていない方は感動。わかる気がします。
私も純な気持ちで見たら、エスカの本心はなんだろう、裏切ったのだろうか、それから、追い詰められたとき、果たして逃げ切れるだろうか、とハラハラドキドキじゃなかったかと……。

俳優と背景が素敵だったのに、乗り切れなくて、残念です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『第9軍団のワシ』映画は映画 原作は原作:

« 朝の読み聞かせ 1年1組 緊張しちゃうよね。 | トップページ | 『太陽が見える』グルジアのあたたかさに包まれた本 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ