最近のトラックバック

« 2月のI図書館のお話会 マトリョーシカちゃん | トップページ | 2月のK図書館本館おはなし会 ぱっと目を引く本と、静かにしみる本 »

2月のおはなし広場 楽しみながら世界にふれる

 肌寒い日、南K小学校は、インフルエンザが落ち着いてきて、子どもたちは元気だ。ストーブを入れてくださり、その位置の関係で、子どもたちは、真ん中から少し窓際にずれて座っていた。

プログラム

紙をつかったおはなし コートのおはなし *
絵本 ちいさなこぐまのちいさなボート (はじめてブックシリーズ) イヴ・バンティング文 ナンシー・カーペンター絵  千葉茂樹訳 主婦の友社
おはなし だんだんのみ 日本の昔話
絵本 めざめのもりのいちだいじ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん (日本傑作絵本シリーズ) ふくざわゆみこ作 福音館書店  
絵本 シロナガスクジラより大きいものっているの? (児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい)  ロバート・E・ウェルズ作 せなあいこ訳 評論社 *

 素直に思ったことを口に出すのが、今年の1年生。今日も、いろいろなことを言ってくれた。『ちいさなこぐまのちいさなボート (はじめてブックシリーズ)』では、「ボートをつくればいいじゃない」「だんだんのみ」では、「キジって?」「狩人って?」「やっぱり~」「ほら、言った通り」などなど。『シロナガスクジラより大きいものっているの? (児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい)』では、「クジラがいちばんおおきいよ」(山をつみあげるところで)「そんなにのらないよ」。
 でも、聞くところはちゃんと静かに聞いている。『めざめのもりのいちだいじ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん (日本傑作絵本シリーズ)』では、クマさんがおきて蜂の巣を移動させるところから、しんとして聞いていた。蓮華畑でうわっ声が上がる。
 こうして楽しみながらいろいろな世界に触れられるのは、とても素敵なことだと思う。

 わたしが読んだ『シロナガスクジラより大きいものっているの? (児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい)』は、後半が銀河、宇宙と広がっていくので、子どもたちがついてこられるか心配した。でも、最後まで興味をもって聞いてくれたので、ほっとした。この絵本の最初ところに「きみがなにか大きなことを考えたくなってくれるとうれしいな」とあるように、おはなしや絵本から、なにかに興味をもってくれたらうれしいな。

     ←宇宙の大きさを実感できる

« 2月のI図書館のお話会 マトリョーシカちゃん | トップページ | 2月のK図書館本館おはなし会 ぱっと目を引く本と、静かにしみる本 »

おはなし広場」カテゴリの記事

コメント

ほんとですね。
この間の講演会で、最初にうれしい・楽しい・こわい などの感情をしっかり持つことがたいせつ、と聞いてきましたが、そういう経験も絵本でいっぱいしてほしいですよね。その中で知識も自然とついてきますよね。

マーガレットさん

わたしも、先日清水真砂子さんの講演会を聞き、新たに本の持つ力を感じました。わたしたちは、子どもがいろいろな本と出合うお手伝いが、少しでもできればいいと……。

生の体験をいっぱいして、そして本で心の体験して、育っていくのですね(大人も)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/53973448

この記事へのトラックバック一覧です: 2月のおはなし広場 楽しみながら世界にふれる:

« 2月のI図書館のお話会 マトリョーシカちゃん | トップページ | 2月のK図書館本館おはなし会 ぱっと目を引く本と、静かにしみる本 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ