最近のトラックバック

« 2月のK図書館本館おはなし会 ぱっと目を引く本と、静かにしみる本 | トップページ | 雨の日の昼休みの読み聞かせ 8回目 折り紙 テープのつらら »

2月のひよこちゃん 絵本、紙芝居で遊ぶ

朝から雨(春を呼ぶ雨らしい)。こんな日は外に出たくないから、子どもたちは来ないかなと思ったが、はじめは2組、それからぽつんぽつんと来てくれて、全部で5組になった。1組はおばあちゃんと女の子。いちばん小さな子は、まだ10か月くらいの赤ちゃん。それから、1歳4か月の子がいて、あとは、2歳と幼稚園入園まじかの3歳の子たちだ。

プログラム

 手袋シアター つんつんつくしがめをさます *
 絵本 あっぷっぷ (あかちゃんあそぼ)  中川ひろたか文 村上康成絵 ひかりのくに *
 絵本  だれかな 佐々木マキ作 こどものとも0.1.2. 2011年2月号 福音館書店 *
 絵本 ももんちゃんぽっぽー (ももんちゃんあそぼう)  とよたかずひこ作 童心社 *
 わらべうた ずくぼんじょ *
 絵本 ジェリーのあーなあーな  矢野アケミ作 大日本図書 *
 絵本 おーい はーい (はじめてえほん)  和歌山静子作 ポプラ社 *
 わらべうた にぎりぱっちりたてよこひよこ *
 紙芝居 じゃがいも へんしーん! (年少向けおひさまこんにちは)  間所ひさこ脚本 いちかわなつこ画 童心社
 紙芝居 できたかなまーだかな (あかちゃんかみしばいよちよちはーい!)  やすいすえこ脚本 つちだよしはる画 童心社

 いつも反応の良い3歳の子が、なぜかご機嫌が悪くて、おはなしの部屋にはいってこようてしない。そのせいか、ほかの子も、なんだか静かだ。そのなかで、赤ちゃんが、こちらの声に合わせて、「あー、わー、おー」とおはなししてくれて、ほほえましかった。4月から幼稚園で常連のSちゃんは、『だれかしら』のとき、小さな声で答えてくれる。わらべうたの「ずくぼじょ」は歌に合わせて「たかいたかい」してもらうと、子どもたちは喜んでいた。「にぎりぱっちり」で、ご機嫌斜めの男の子が復活。いっしょに手を動かし始めた。
 紙芝居は、両方ともおいしそうな料理。最後に出来上がった料理の場面を持って、読み手が子どもたちの間を回って、みんなで食べた。
 小さな子のお話会は、絵本や紙芝居を通して、遊ぶことが大切だと思う。

« 2月のK図書館本館おはなし会 ぱっと目を引く本と、静かにしみる本 | トップページ | 雨の日の昼休みの読み聞かせ 8回目 折り紙 テープのつらら »

ひよこちゃんおはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月のひよこちゃん 絵本、紙芝居で遊ぶ:

« 2月のK図書館本館おはなし会 ぱっと目を引く本と、静かにしみる本 | トップページ | 雨の日の昼休みの読み聞かせ 8回目 折り紙 テープのつらら »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ