最近のトラックバック

« 朝の読み聞かせ 3年1組 そーせーじぃに大喜び | トップページ | 12月のひよこちゃん 読んで遊ぶ »

12月のおはなし広場 三びきの子ブタで満足

 今年の1年生はノリがいい。すこしのことも、とても面白がって笑ってくれる。でも、聞くところはちゃんと聞ける。今日は、とくにそれを感じた。

プログラム
 絵本 もりへいったすとーぶ  神沢利子文 片山健絵 ビリケン出版
 おはなし 三びきの子ブタ イギリスの昔話 *
 紙芝居 ちからたろう  川崎大治脚本 滝平二郎画 童心社
 絵本 ふゆのまほうつかい (世界の絵本コレクション) ジュリー・モンクス作 代田亜香子訳 小峰書店
 絵本 メルローズとクロック きみとであったクリスマス  エマ・チチェスター・クラーク作 たなか まや訳 評論社

 まず『もりへいったすとーぶ』。表紙を見せタイトルをいっただけで、笑っている。いったい何がおかしいの?と思ったのだが、ストーブの絵、ストーブが森へ行くという発想自体を楽しんでいるのだ。すごい!と思った。子どもたちはわいわいいっていたが、動物たちがストーブに入って、危機に陥るところでは、真剣に聞いている。
 わたしの「三びきの子ブタ」は「知っているよ」という声。これは、毎年同じだ。そして、最初の子ブタが食べられてしまうと、「ええっー!」。これも毎年同じだ。今回はここで、声が静まるまで、間をとって続けてみた。オオカミと三匹目の子ブタのばかしあいの場面になってくると、ブタが、危機を機転で乗り越えていくのを、先を想像しながら聞いている。オオカミが、意外に弱虫だったりすると、笑っている。そして。おしまいのくだりを、大喜びして聞いてくれた。「(食べられるのが)反対になったね」などと言っている子もいる。これは、ここ数年でない反応だ。昨年までは、ほかの子ブタは死んじゃったんじゃ幸せじゃない。とか、オオカミは尻尾をやけどするだけだよ、とかいいだす子がいたのだ。今年の子たちがたまたまだったのか、最初の子ブタが食べられたところで間をあけたのがよかったのか、それはわからないけれど、語り手として満足できた。
 そのあとの紙芝居『ちからたろう』も、素晴らしい反応だった。昔話特有の大ぼらをそっくり面白がって、笑い転げている。こうまで、想像を楽しめるのかと、うれしく思った。
 そのあとの『ふゆのまほうつかい (世界の絵本コレクション)』は雪の世界を詩的に伝える絵本。手遊びをいれて、気持ちをおさめてからすればよかったのだが、そのまま読んでももらったのが、進行役のわたしのしくじり。前半は子どもたちが落ち着かずに、読み手に申し訳なかった。最後はクリスマス絵本。ふたりの主人公の絵が小さいところがあり、おはなしより、それを探す方に子どもたちの興味がいってしまった。それでも、読み手がゆっくり読んだので、クリスマスをだれかと迎える喜びは伝わったのではないかと思う。
 今年のおはなし広場はこれでおしまい。いいクリスマスを!!

« 朝の読み聞かせ 3年1組 そーせーじぃに大喜び | トップページ | 12月のひよこちゃん 読んで遊ぶ »

おはなし広場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/53520985

この記事へのトラックバック一覧です: 12月のおはなし広場 三びきの子ブタで満足:

« 朝の読み聞かせ 3年1組 そーせーじぃに大喜び | トップページ | 12月のひよこちゃん 読んで遊ぶ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ