最近のトラックバック

« G西保育園 年少さんおはなし会 あちゃー!行く方向間違えた!! | トップページ | 9月のおはなし広場(1年生) ちょっと短めでごめんなさい »

9月のI市図書館おはなし会 小さな子が多くても

先週土曜日の隣市図書館のおはなし会

隣市のお話会は、親子連れ定連さんが多くていつもにぎやか。ここ数年は父さん連れが多い。土曜日も盛会で、こども16名大人14名。まだ未就園の小さな子が多く、4、5歳の子は3、4人といったところ。低年齢化はどの図書館でも同じだ。

プログラム

 わらべうた どんぐりころちゃん
 絵本 おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)  林明子作 福音館書店 *
絵本 よくばりぎつねのじろろっぷ (日本傑作絵本シリーズ)  福音館書店 おのりえん文 たるいしまこ絵 福音館書店 *
 絵本 あるひ こねこね (ciel books)  高畠那生作 長崎出版 *
 ペープサート チョキチョキチョッキン
 絵本 へそもち (こどものとも傑作集) 渡辺茂男文 赤羽末吉絵 福音館書店 
 紙芝居 あめだま (おさむらいさんのはなし紙芝居)  新美南吉原作 東川洋子脚本 野村たかあき画 教育画劇

 どんぐりころちゃんの、どんぐりがどっちの手に入っているかのあてっこは、どんなに小さな子も、わからないなりに、楽しんでくれる。『よくばりぎつねのじろろっぷ (日本傑作絵本シリーズ)』は、大きな子はよく聞く。言葉のリズムがいいので、小さな子もよく見てくれ、「びゅん、たかたっ」をまねして言い出す子がいた。『あるひ こねこね (ciel books) 』は、こねこねこね……が「ねこ」、ぬいぬいぬい……が「いぬ」という、「へんしんトンネル」と同じ言葉遊びだが、最後まで、子どもたちには理解できなかった。それでも、絵がおもしろいのと、知っている動物がでてくるので、一生懸命あてようとしていて、楽しんだ。昔話の『へそもち (こどものとも傑作集)』は、さすがに大きな子しか聞けなかった。これは仕方ない。ラストの紙芝居は、お侍さんの刀が出てきたところで集中。危機がさると、さっとひいていく。子どもたちの見方は、さっぱりしている。

 帰りに貸し出しカウンターで、4歳くらいの女の子が『あるひ こねこね (ciel books)』を借りていた。気に入ったので、家でも読みたいといっていると、お母さんが教えてくれた。嬉しいな。家で何度も読んだら、きっと言葉遊びがわかるはず!!

      ←みんなで楽しもう

« G西保育園 年少さんおはなし会 あちゃー!行く方向間違えた!! | トップページ | 9月のおはなし広場(1年生) ちょっと短めでごめんなさい »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/52710079

この記事へのトラックバック一覧です: 9月のI市図書館おはなし会 小さな子が多くても:

« G西保育園 年少さんおはなし会 あちゃー!行く方向間違えた!! | トップページ | 9月のおはなし広場(1年生) ちょっと短めでごめんなさい »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ