最近のトラックバック

« 出版のお知らせ | トップページ | 8月のひよこちゃん »

ジュンク堂新宿店 おはなし会

 表彰式のあとは、オンラインでいっしょに勉強している「やまねこ翻訳クラブ」の関東地区のみなさんとランチオフ。そして、そのあと午後3時半から、新宿のジュンク堂でやまねこ有志がやっている「おはなしこねこの会」のお話会にも参加させてもらう。書店でのお話会ははじめて。聞き手は3組だけだったけれど、とても素敵な反応をしてくれて、こちらまで嬉しくなった。

プログラム
 紙芝居 どろんこおばけ (あかちゃんかみしばいよちよちはーい!)  ひろかわさえこ作 童心社
 絵本 たまごのえほん (いしかわこうじ しかけえほん)  いしかわこうじ作 童心社 *
 絵本 みこちゃんとぶぶ  公文みどり作 玉川大学出版部
 手遊び こまんかなみ *
 絵本 ハンダのびっくりプレゼント アイリーン・ブラウン作 光村教育図書
 紙芝居 おおきくおおきくおおきくなあれ (ひろがるせかい) (まついのりこ・かみしばいひろがるせかい)  まついのりこ作 童心社

  聞き手が2~4歳ととても幼い。それに書店でのお話会は、不特定多数の子が集まる図書館以上に、子どもたちは場慣れしない。とくに人見知りする子には、知らない人に囲まれて、知らない人に絵本を読んでもらうのは、かなりこわい体験かもしれない。昨日の小さな子たちも、不安げな表情も見せていた。そんななか、『みこちゃんとぶぶ』以外は、だいたい定番の絵本と紙芝居を持っていったところが、素敵なプログラムだ。やっぱり、繰り返し読まれている作品は、子どもに親しみやすく、ひきつける力を持つ。じっと聞いている小さな子たちの表情が、次第に緩んでくるのがわかった。大きい方の子は、最初からナイスな反応を返してくれていて、さらにさらに、元気な受け答えになっていった。最後の紙芝居のケーキを、演じ手がみんなに配ると、どの子も嬉しそうに食べ、ちょうど通りが買った親子さんも食べていた。たまたまそこに集まった、まったく知らない人たちが、見えないなにかを心に持っているのって、いいな。

     ←リズミカルで小さな子どもたちもじっと聞き入っていた。

« 出版のお知らせ | トップページ | 8月のひよこちゃん »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/52531643

この記事へのトラックバック一覧です: ジュンク堂新宿店 おはなし会:

« 出版のお知らせ | トップページ | 8月のひよこちゃん »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ