最近のトラックバック

« 課題図書を読む(2011)『野川』 | トップページ | 7月のひよこちゃん »

7月のK図書館本館おはなし会

 今週から小中学校の夏休みが始まり、今夜K市では、自治会の夏祭があちこちで行われる。そのせいだろうか、図書館の方の話では、今日は夏休みの割りに子どもたちの姿が少ない。それでも、4組の家族がきてくれて、子ども7名大人4名のお話会になった。1番小さな子は2歳で、最初カーテンの陰にかくれていたけれど、なれてきたら、会場を歩き回っていた。それから、3歳、4歳、小学3年、4年、6年と幅広い年齢層だ。

プログラム
 テーブルシアター あいさつ へびいちのすけ(『のはらうた (1) 』より) *
 絵本 ねずみくんうみへいく (ねずみくんの絵本)  なかえよしを文 上野紀子絵 ポプラ社
 絵本  わにわにのおでかけ (幼児絵本シリーズ)  小風さち作 山口マオ絵 福音館書店* 
 手遊び みみずのたいそう
 絵本 えんふねにのって  ひかしちから作 ビリケン出版 * 
 絵本 ダレ・ダレ・ダレダ (講談社の創作絵本)  越野民雄文 高畠純絵 講談社 *
 紙芝居 おとうさん (紙芝居ベストセレクション)  与田準一脚本 田畑精一画 童心社

 いちばん前に3~5歳の子たちがすわって、じっと見ている。声をださないけれど、身動きもせず見ているのは、集中しているのだろうか。こんな小さな子たちなのに、ちょっと驚いた。『ダレ・ダレ・ダレダ (講談社の創作絵本)』は途中で絵を隠して、文を読み、クイズにした。小さな子たちにはちょっと難しかったようだが、4年生の女の子は、3歳の弟に答えを教えて楽しんでくれた。最後の紙芝居も、長いのによく見ていた。すごいなあ。きょうも、あそびっこさんに教えていただいた手遊びをしてみた。小さな子はそれなりに、それからお母さんやおばあちゃんも一生懸命やってくれた。いろいろなところで使えそうな手遊びだ。あそびっこさん、ありがとう。

←みんなで楽しめる

« 課題図書を読む(2011)『野川』 | トップページ | 7月のひよこちゃん »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/52286097

この記事へのトラックバック一覧です: 7月のK図書館本館おはなし会:

« 課題図書を読む(2011)『野川』 | トップページ | 7月のひよこちゃん »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ