最近のトラックバック

« 図書館祭 南K小学校 | トップページ | 課題図書を読む(2011)『スピリットベアにふれた島』 »

7月のK図書館分館おはなし会

 ついに7月。暑い暑い。でも今日は、ちょっと涼しい。

 K図書館分館は、ほどよく冷房がきいていて、さわやかだ。子どもたちは8名、2歳~5歳くらいの子が集まった。2、3歳の子が多い。

プログラム
 テーブルシアター あいさつ へびいちのすけ(『のはらうた (1) 』より) *
 絵本 なんでしょ なんでしょ  高畠純作 アリス館
 絵本 なんじゃもんじゃはかせのおべんとう (こどものともコレクション2009)  長新太作 福音館書店
 紙芝居 どっちだ? (みんなであそぼ)  島本一男脚本 夏目尚吾画 童心社 *
 大型絵本 しかけ絵本 999ひきのきょうだい (ひさかた絵本ランド)  木村研文 村上康成絵 ひさかたチャイルド *
 エプロンシアター カエルののどじまん

なんでしょ なんでしょ』は、なんの動物を次に描くか、2歳のSちゃんが、大声で言ってくれた。わからないと「わからない」とはっきり言うのがかわいらしい。『』は、小さな子には難しかったようだ。わたしは、こどものとも7月号の『あむ』(小風さち文 山口マオ絵)を読みたかったのだが、無理だと思って紙芝居と大型絵本にした。それで成功だったと思う。『しかけ絵本 999ひきのきょうだい (ひさかた絵本ランド)』は、大きな子(4、5歳)は、ストーリーではらはらどぎときしたし、小さな子たちは、話の筋はわからなくても、かえるのかくれんぼやら、へびやらが出てくるので、楽しんでくれた。
 ところで、わたしは紙芝居で失敗。この紙芝居は、入れる場面によって、何通りもできるようになっていて、つかわない場面は、抜いておく。つかわないのを家で後ろ側にさかさまに入れておいたのを忘れて、そのまま舞台にいれてしまったのだ。舞台をあげたら、絵がさかさまに。あわてて、直した。準備が足りないといけません。

      ←みんなで楽しめるおすすめ紙芝居

« 図書館祭 南K小学校 | トップページ | 課題図書を読む(2011)『スピリットベアにふれた島』 »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/52101607

この記事へのトラックバック一覧です: 7月のK図書館分館おはなし会:

« 図書館祭 南K小学校 | トップページ | 課題図書を読む(2011)『スピリットベアにふれた島』 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ