« 図書館祭の1日 | トップページ | 6月のひよこちゃん »

2011年6月22日 (水)

H北保育園年少さんのおはなし会

梅雨の晴れまの今日、急に蒸し暑くなって、なんだかくらくらする。でも子どもたちは元気だ。

H北保育園年少さんのおはなし会。年少さんといえば、まだ、赤ちゃんからぬけでたばかりの子だちだ。

プログラム
 絵本 たまごのえほん (いしかわこうじ しかけえほん)  いしかわこうじ作 童心社 *
 絵本 ガンピーさんのふなあそび  ジョン・バーニンガム作 光吉夏弥訳 ほるぷ出版 *
 手遊び かたつむり
 絵本 ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)  長新太作
 テーブルシアター あいさつ へびいちのすけ (『のはらうた (1) 』より) *
 紙芝居 あめこんこん 松谷みよ子脚本 鈴木未央子画 童心社

 年少さんとはいえ、とてもしっかりしている。話したくってしかたない子がいっぱいいた。『たまごのえほん (いしかわこうじ しかけえほん) 』では、「海がめのたまごは、海の中で生まれるの?」ときいたり、ペンギンを(TVで)見た話をしてくれたり。ひとりの子の話を聞くと、他の子も話しだすので、ほどほどのところで、次に進めながら読んだ。
ガンピーさんのふなあそび』では、ガンピーさんの「いいとも」と言う言葉が大気に入り。わたしが読む言葉をそのたびに繰り返す。ほかに「ガンピーさん」という言葉の響きもおもしろかったようだ。日本ではなじめない名前だものね。言葉をたのしみながらも、ガンピーさんが「けんかをしなければね」と「うろちょろするんじゃないよ」というと、自分がいわれているように、真面目な顔になってきいていた。川におちるときは、「どっぼーん」と擬音をいれてくれた。お茶の時間がわからなかったようだが、「おやつただよ」というと、「ケーキを食べているね」とい読って見ていた。読み終わると「もう一度読んで!」の声が。
もう1冊の『ぼくのくれよん (講談社の創作絵本) 』も、子どもたちはよーく聞いていた。最後に、ぞうがクレヨンを持ってはしりだすところでは、「3本持っている~」と、しっかり見ている。すごいなあ。
「あめこんこん」は、おはなしを全部知っている子がひとりいた。その子が先回りしていうので、子どもたちも、場面が変わるたびに、知ってましたという顔で、その場面のことをいうのがかわいかった。
 まだ、年少さんなのに、こんなによく聞いてくれて、満足だ。

« 図書館祭の1日 | トップページ | 6月のひよこちゃん »

保育園 おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H北保育園年少さんのおはなし会:

« 図書館祭の1日 | トップページ | 6月のひよこちゃん »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。