最近のトラックバック

« おはなし会は少人数がいい | トップページ | 「三びきの子ブタ」考 »

少人数のおはなし会

 先週の寒さと降雪から、一気に変わってぽかぽか陽気。図書館のおはなし会。
 来てくれたのは3歳4歳の兄弟と5歳の男の子。

プログラム
 紙を使って コートのはなし *
 絵本 ゆきだるま  武鹿悦子詩 絵 牧野鈴子絵 ひさかたチャイルド
 絵本 ぬくぬく  みやもとただお作 佼成出版社
 絵本 ダンボールくん (世界の絵本コレクション) ジェローム・リュイエ作 しまだ かんぞう訳 小峰書店
 はやくちことば 『十二支のはやくちことばえほん 』(高畠純作 教育画劇)より *
 紙芝居 うさぎなぜなぜみみながい (ゆかいな由来ばなしどうぶつなぜなぜ紙芝居) 仲倉眉子脚本 津田直美画 教育画劇 *
 エプロンシアター Pマンマン

 聞き手が3人なので、ひとりひとりとお話しながらすすめることができた。
「コートのはなし」は、この子たち(とくに3歳の子)には、よくわからなかっただろうけれど、「ぼろぼろになってしまいました」のセリフをきゃっきゃっと笑って楽しんでくれた。『』『』を見せて読み手がどっちを読む?ときくと、3歳の子が『ぬくぬく』、5歳の子は『ダンボールくん (世界の絵本コレクション)』といってどちらも譲らない。読み手がじゃんけんで決めようというと、3歳の子がかたくなにダメという。とうとう、読み手は5歳の子に『ダンボールくん (世界の絵本コレクション)』の本を持たせておいて『ぬくぬく』のほうを読み、次にみんなで読もうといって『』を読んだ。すばらしい対応に心の中で拍手した。
 はやくちことばは、この子たちには難しすぎて、いっしょにいうことができなかった。実は隣の展示コーナーで言葉遊びを特集していたので、ぜひ言葉遊びをしたいと思ってしまっていたのだ。融通のきかない自分に反省。
 でも紙芝居、エプロンシアターと、3人とも楽しんでくれた。
 エプロンシアターのときは、3歳の子は大きい子たちがいうことをまねてかわいいこと。
 おはなし会が終わってから、少人数のおはなし会は、ひとりひとりと話せて楽しいねと、読み手たちで話し合った。

« おはなし会は少人数がいい | トップページ | 「三びきの子ブタ」考 »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/50783418

この記事へのトラックバック一覧です: 少人数のおはなし会:

« おはなし会は少人数がいい | トップページ | 「三びきの子ブタ」考 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ