最近のトラックバック

« 聞きなれた子たち「ちびのふとっちょ」 | トップページ | 経験、月齢の差 »

「ついでにぺろり」で団欒のとき

 昨年の12月から2月まで、第4水曜日にいくことになったS小学校児童クラブ(1~3年生)のストーリーテリングによるおはなし会。今日は2回目。
 子どもたちは、もうわたしたちに慣れていて、わいわいとした雰囲気だ。

プログラム
 うさぎのなみだ ロシアの昔話 *
 ホレおばさん グリムの昔話
 ついでにペロリ デンマークの昔話

 わたしは「うさぎのなみだ」を語った。「今年はうさぎ年だから、うさぎのでてくる話をするね」というと、わいわいとてんで勝手に話しだした。でも、わたしが語りだすと、ぱっと前を見てきいてくれた。前回J東児童クラブで語った時と年齢層は同じなのだが、反応はちょっと違う。うさぎが会う動物ごとに同じセリフ(このセリフが詩的で素敵だ)をいって訴えるのだが、そのところを、今日の子たちは、なぜかよく聞いた。最後のオンドリの歌のところもじっと聞いていた。
「ホレおばさん」では、子どもたちは前半をちょっぴりよそ事をしながら聞いていた。でも、妹娘がなまけているところで、「それじゃあだめなのに」などといい、案の定ひどい目にあうと、嬉しそうな顔をしていた。
 そして最後の話をしようとすると「トイレへ行きたい」という子が出てきて、少し休憩。その間に背伸び運動などしたのだが、子どもたちはダラーンとしてしまった。
 それでも、お話がはじまり、面白いお話だとわかってくると、聞きだした。積み立てのところを一緒に唱える子がでてくると、もうみんなが一緒にいいだし、語り手もそれにあわせて語り、楽しい団欒の雰囲気になった。
 こんな風に、みんなで一緒に楽しむのも心があったまっていい。冬の夕暮れだもの。

« 聞きなれた子たち「ちびのふとっちょ」 | トップページ | 経験、月齢の差 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/50693584

この記事へのトラックバック一覧です: 「ついでにぺろり」で団欒のとき:

« 聞きなれた子たち「ちびのふとっちょ」 | トップページ | 経験、月齢の差 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ