最近のトラックバック

« こわーいおはなしと おもしろいおはなし | トップページ | 子どもたちからのプレゼント »

今年の語りおさめ

 語りおさめは、ここ数年、冬休みにK児童館でだったのだけれど、今年はK児童館が改築直後であわただしいということで、お休みになったので、ちょっとはやくて、今日。S児童クラブに呼んでいただいた。1~3生までの40名ほど。昨年も、うかがったのを、子どもたちも、先生も、よく覚えていてくれた。

プログラム

 鳥呑爺 日本の昔話 *
 エパミナンダス ブライアント作
 マッチ売りの少女 アンデルセン原作

「鳥呑爺」は、はじめ歌のところで、くすくすっと笑いが出たのだが、笑っちゃいけないと思ったらしく、引っ込めてしまった。でも、鳥が舌にのるところや、おへそから鳥の羽がでるところ、殿様の行列がくるところなど、びっくりして聞いている。小学生の聞き方は、小さな子と違う名と思った。
「エパミナンダス」も、ちゃんと先をよめて、けらけら笑っていてた。また、この語り手のお母さんが、ほんとにお母さんの気持ちをうまく表していて、楽しいのだ。わたしたちも大笑いだった。
 それから、うってかわって「マッチ売りの少女」。「エパミナンダス」のあとで語りにく買っただろうが、クリスマスのおはなしをゆっくりしてそれから話しだしたので、子どもたちは、心を沈めてよく聞いた。情景がおおいけれど、目はしっかりと語り手を見て、聞き入っている。

 クリスマス前のいいお話会になった。

 子どもたちがまつぼっくりでつくった小さなツリーをプレゼントしていただいて、よい気持ちで帰ってきた。ありがとう。

« こわーいおはなしと おもしろいおはなし | トップページ | 子どもたちからのプレゼント »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/50369060

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の語りおさめ:

« こわーいおはなしと おもしろいおはなし | トップページ | 子どもたちからのプレゼント »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ