最近のトラックバック

« 「金の糸のまり」を語る | トップページ | 修行の場 »

ロング昼休み 秋の図書館祭

 南K小学校で秋の図書館祭が始まった。
 今年は、図書委員の発案で、お話を聞きにきた子はスタンプがもらえる。ただし、スタンプをもらえるのは、最後まで聞いた子のみ。
 今日は掃除時間もお昼休みになったロング昼休み、ながーいお話会となったので大変だ。

 集まったのは1年生が大半、2、3、4年生もすこし混じって50名程度。校長先生もあわせて3名の先生も来てくださった。

プログラム
 絵本 えほん もやしもん 「きんのオリゼー」 てをあらおう (えほんもやしもん きんのオリゼー)  いしかわ まさゆき作 講談社
 絵本 まほうつかいのトビィ  カズノ・コハラ作 石津ちひろ訳 光村教育図書 *
 絵本 やいたやいた (たんぽぽえほんシリーズ)  まどか ななみ文 みやにし たつや絵 鈴木出版
 絵本 ちいさなおうさま  三浦太郎作
 絵本 おきゃく、おことわり?  ボニー・ベッカー文 ケイディ・マクドナルド・デントン絵 横山和江訳 岩崎書店 *
 絵本 ふわふわくもパン  ペク・ヒナ文 キム・ヒャンス写真 ペク・ヒナ絵 星あキラ/キム・ヨンジョン訳 小学館 
 絵本 ひつじのメイ ぼくのパパとママ  穂高順也文 沢田としき絵 キッズメイト
 紙芝居 ぐうたらな王さまとまほうのドングリ (ゆかいな6人の王さまシリーズ)  宮西達也作 教育画劇

 図書館祭のお昼休みのお話会は、ざわつくことが多い。今回は、とくにスタンプ目的の子がいてざわついた。前のほうは絵がよくみえることもあって、しっかり聞いているけれど、という感じだ。子どもたちは、ひとつ読み終わるたびに「もう終わり?」と聞いてくる。申し訳なく思いながら読んだ。途中でやめればよかっただろうか、もっと楽しくてのれる絵本ばかり選べばよかっただろうかと悔やめる。
 
 私の絵本は『まほうつかいのトビィ』は紫と黒のコントラストがみにくかった、『おきゃく、おことわり?』は遠目には見えなかったと仲間からアドバイスをいただいた。他の方のなかでは『ふわふわくもパン』が遠目で、絵がみにくかった。

 絵について配慮をかいたのは、いけないなあ。

 イベントとして、大型絵本など持ってくるべきだっただろう。
 今回は、取り組みが甘かった。反省しきりだ。

←子どもたちに人気だった絵本

« 「金の糸のまり」を語る | トップページ | 修行の場 »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

こんにちはwink
「スタンプ目当てで~」わかります、わかります。
「最後まで聞いたら押して貰える」そうだそうだ!

ところでスタンプを集めると何かいいことが?

私が作っている「中坊のリアル本2010」も、景品目当てでやたらに紹介文を書いてくる子が多いため、文章のレベルが…(T_T)
ちなみに景品は、嵐やNEWSや関ジャニ∞のメンバーがほほえんでいるシオリ。ガンダムやAKBもあるのよ。(雑誌を切り抜いて台紙に貼り、ラミネートしたものです)この作戦は失敗だった。あ~あ。

harry 先生

そろそろリアル本の時期ですね。今年も楽しみにしています。
景品で誘われる中学生。まだまだ、かわいいじゃないですか。景品めあてでも、紹介文を書かなくちゃいけないわけだから、そういうことの嫌いな子ではないと推察しますよ。

おはなし会のスタンプのほうは、シールがもらえるという話を聞きましたが、定かではありません。小学1年生位の子だと、スタンプでカードが埋まること自体が嬉しいようです。

わたしとしては、おはなし好きな子だけ集まってもらって、こじんまりと静かに読むのが好きだけれど、なかなか思う通りにいきません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/49989394

この記事へのトラックバック一覧です: ロング昼休み 秋の図書館祭:

« 「金の糸のまり」を語る | トップページ | 修行の場 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ