最近のトラックバック

« 周りがうるさくても聞けることに感激 | トップページ | 11月に読みたい絵本 »

蚊帳のなかのおはなし会

 今日は図書館フェスタで、アフリカ特集だった。わたしたちストーリーテリングの会は、アフリカのお話のできる人がいないので、残念ながらアフリカのおはなし会というわけにいかなかったが、図書館に蚊帳をつって、そのなかでお話をすることになった。
 なぜ、アフリカと蚊帳か? それは、今アフリカに日本の蚊帳がマラリア感染予防のために送られているからと図書館の方から教わった。

 子どもたちは、今で日本では珍しい蚊帳に興味津々。外とつながっているけれど、しきられた空間で、ひざをくっつけてのお話会は、親密感があってとてもいい感じだった。
 これからも、できたらいいなあ。

お話会は2回。1回目は子ども7名、大人2名、2回目は子ども13名、大人2名と、ちょうどいいくらいの人数が集まった。

1回目のプログラム 

 三びきのやぎのがらがらどん ノルウェーの昔話
 いぬとにわとり 石井桃子作
 エパミナンダス ブライアント作

2回目のプログラム

 三まいのお札 日本の昔話
 世界でいちばんきれいな声 ラ・フルール作 *
 アナンシと五 ジャマイカ島の昔話

 蚊帳の中でお話をするので、今日は危険だからろうそくはやめて、そのかわりにポンと手をたたいたり、息を吹きかけると消えたりついたりする電池のろうそくを使うことになっていた。そういうろうそくを、私が、知り合いからいただいていたからだ。
 2010 ところが、そのろうそくのスイッチを入れっぱなしになっていたので、電池が切れていた。出かけ間際ににそれに気づいた。アチャー!! だが、電池交換のふたが、精密用のドライバーでないとあけられない。ボタン電池もない。とりあえず図書館までいき、1回目は「ろうそくポン」の手遊びでしのぎ、2回目までの休憩に近くの百均ショップへ走った。ドライバーは買ったが、なんて間抜けさん。電池の番号を見るのを忘れた。また戻って、確かめて百均へ。すると、電池3個必要なのに、なぜか2個しか店頭にない。店員さんにたずねると売り切れだ!! これはもうのろわれているとしか思えない。でもしかたないから2個買ってきて、古いのとあわせて入れると点灯した。ということで、2回目に無事に使うことができた。
 しかし、そのろうそくが、子どもたちは触りたくて仕方なくて、お話の前の蚊帳の説明の時も、おしあい、へしあい。説明してくださる方に申し訳なかった。
 お話会のあとは、またもめそうなので、みんなで一緒に息を吹きかけてね。といっしょに消した。ほっ。とんだ、ろうそく騒動でした。

« 周りがうるさくても聞けることに感激 | トップページ | 11月に読みたい絵本 »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

まあ、なんとハプニングの連続でたいへんでしたね。
そんなろうそくがあるとは知りませんでした。火を使えないところのおはなし会にはぴったりですね。
おつかれさま。

マーガレットさん

ハプニングというか、わたしのおばかぶりを思いっきり発揮してしまったというか……。ちょうど「エパミナンダス」がプログラムに入っていたので、みんなで「本当に頭がないねえ」などといって笑いました。(わらうっきゃない)
ろうそくは、わたしの写真ではよくわからないので、さがしたら、通販でも売っていました。こちらの写真を見ていただくとよくわかると思います。
http://www.wa-komono.net/products/detail.php?product_id=834

灯りがろうそくのようにゆらゆらして、とても素敵なのですが、子どもたちが興味を持ちすぎてしまうのが、難点です。このときも、ろうそくをお話会まで見せずにいたらよかったのですが、電池をいれたりしてきゃあきゃあやって、子どもたちの関心をひいてしまったのが失敗でした。それも、もとはといえば、わたしがエパミナンダスしていたからですがcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/49886985

この記事へのトラックバック一覧です: 蚊帳のなかのおはなし会:

« 周りがうるさくても聞けることに感激 | トップページ | 11月に読みたい絵本 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ