最近のトラックバック

« 心が洗われる『鼓動を聴いて』 | トップページ | 小僧さんが寺にはいれないよー『三枚のお札』 »

防犯ベルのハプニング

 夏休みがあったせいか、なんたが久しぶりの小学校朝の読み聞かせ。
 今日の担当は2年2組。

プログラム

 絵本 りんごがひとつ (えほん・ハートランド) ふくだすぐる作・絵 岩崎書店
 おはなし 金の糸のまり トルコの昔話

 10分のおはなしと導入の絵本を用意していたので、少し早めに教室に入った。まだ担任の先生はいらっしゃらなかったけれど、子どもたちはすぐに机を後ろに寄せて、お話を聞く体勢を作ってくれた。とここまではよかったのだが、なにやらピーピーなっていて、3、4人の男の子たちがロッカーのところでごそごそしている。防犯ブザーのピンがぬけてなくなってしまい、鳴り止まないらしいのだ。こ、これは困った。幸い、読み聞かせの見学の方がいらっしゃって、その方が見てくださっているうちに音は小さくなり、ランドセルに押し込めて、いったんはおさまったように見えた。
 ところが絵本を読み終わって、さておはなしというところで、またランドセルの中からピーピー!! そのころには先生がいらしていて、子どもたちから話をきき、ランドセルから再びブザーをとりだして、部屋の外へもっていかれ、お話が始まった。
 わたしとしては、絵本で集中させておはなしへという流れを作りたかったが、予定どおりにはいかなかった。
 でも、子どもたちはよく聞いていた。2年生には少し難しかったかもしれないが、姉妹の上の姉たちが末の妹をいじめるお話は、子どもたちにも身近なテーマが含まれていると思う。このおはなしには、「天からりんごが3つおつてきて……」という終末句がついている。おはなしとは全く関係のないので、省くつもりだったのだが、お話の後、子どもたちがぽーっとしているので、現実に戻るのに必要な言葉だと思って語った。そのおもしろさに反応したのは先生だけだったけれど、ま、いいか。
 絵本のほうは「うちに持っている~」という子がいたので、「内緒にしてね」といって読んだ。子どもたちは楽しんで、知っている子はちゃんと黙っていて、いいタイミングでわたしより先に肝心なところをいってくれて、こちらもとても楽しかった。導入にはならなかったけれど、楽しめてなによりだ。

« 心が洗われる『鼓動を聴いて』 | トップページ | 小僧さんが寺にはいれないよー『三枚のお札』 »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/49596383

この記事へのトラックバック一覧です: 防犯ベルのハプニング:

« 心が洗われる『鼓動を聴いて』 | トップページ | 小僧さんが寺にはいれないよー『三枚のお札』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ