最近のトラックバック

« 課題図書を読む『ハサウェイ・ジョウンズの恋』 | トップページ | 河童は後ろ向き挨拶? »

声が響く部屋?

 H保育園年長さんのストーリーテリングによるおはなし会。今年度は3回目で子どもたちもわたしたちの顔を覚えてくれたようだ。
 園では耐震のためもあって改築がはじまった。廊下を、部屋を移動する荷物が行き来するなか、いつもとはちがうお部屋ではじめた。

プログラム

 手遊び でんでんむし *
 こぶじいさま 日本の昔話 *
 王子さまの耳は、ロバの耳 ポルトガルの昔話
 ミアッカどん イギリスの昔話

 でんでんむしの手遊びをしてから始めた。両手をグーとチョキにし、でんでんむしをつくり、「でんでんむし」の歌を歌いながら、右手と左手を逆にするのだ。見ていると、すんなりできる子、間違える子、ぜんぜんできない子、はじめからあきらめて同じ手でやっている子とさまざまいて面白い。
 さて、おはなし。「日本の昔話」といって、「こぶじいさま」のおはなしをはじめると、妙に声が響いたので、自分でびっくりした。子どもたちは、まあまあ聞いてくれたかな。歌のところはにこにこと隣の子と笑いあう子がいた。後半のとなりのこぶじいさまが、こぶをつけられてしまうところからは、たくさんの子が真剣な顔つきになった。子どもたちは真面目に聞くんだよなあと思う。
「ミアッカどん」は、とても怖い話なのだろうなあ。特におしまいのほうは、目をまん丸にして聞いている。ラストの種明かしのところを語り手が工夫したので、この子たちにもよくわかったと思う。

 さて、おはなし会のあと、園長先生に「あの部屋は音響がいいのか、声がよく響きます」というと一緒に語ったメンバーが「部屋のせいではなくて、今日はとてもよく声が出てたよ」とほめてくれた。いつもと同じつもりだったけれど、発声が少しはよくなったかしら? だといいな。

« 課題図書を読む『ハサウェイ・ジョウンズの恋』 | トップページ | 河童は後ろ向き挨拶? »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/48867333

この記事へのトラックバック一覧です: 声が響く部屋?:

« 課題図書を読む『ハサウェイ・ジョウンズの恋』 | トップページ | 河童は後ろ向き挨拶? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ