最近のトラックバック

« ようやく気持ちがほどけたね | トップページ | 課題図書を読む『建具職人の千太郎』 »

大広間では語りにくい

 近くに団地ができて、どんどん子どもの数が増えているK第2幼稚園でのストーリーテリングによるおはなし会。今年の年長さんは90名以上。せめて2回にわけておはなし会をしたいのだが、園では受け入れてもらえず、お帰りの前に、遊戯室で一度にすることになった。

プログラム

 三びきのやぎのがらがらどん ノルウェーの昔話 *
 手遊び いもにめがてて *
 おばあさんとブタ イギリスの昔話

 急にあつくなって、子どもたちは汗だくだくできいてくれた。
 遊戯室は、声は響いたけれど、やっぱり広すぎる。なんとなく、劇をやる雰囲気になってしまう。わたしはガラガラどんのエプロンシアターもよくやるので、そののりになり、エプロンシアターの時のせりふをしゃべってしまいあせった。こどもたちは、ほとんどの子がまじめくさってきいていたが、どんな印象だったのだろう?
「おばあさんとブタ」は、語りがちょっと速すぎたかもしれない。静かにきいているが、ぼけーとしていて、楽しんでいる様子が見られない。語り手は、子どもたちが眠そうだったので、はやく語って終わらせてあげようと思ったそうだ。
 おはなしが終わると「ありがとうございました」と声をそろえていってくれ、さてもおりこうだ。お話のをきくのが苦痛でなければよかったが……と少し不安になる。
 次回、できれば2回にわけてお部屋で語りたいな。
 

« ようやく気持ちがほどけたね | トップページ | 課題図書を読む『建具職人の千太郎』 »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/48583844

この記事へのトラックバック一覧です: 大広間では語りにくい:

« ようやく気持ちがほどけたね | トップページ | 課題図書を読む『建具職人の千太郎』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ