最近のトラックバック

« バーニンガムおじさんの新作『ひみつだから!』 | トップページ | 忘れ物ドキッ、ええい、笑い飛ばしちゃえ »

たいへん、学年を間違えた!

今年度、最後の南K小学校、朝の読みきかせ。

先週につづいて2年生のはずだったので、まったく同じプログラムを用意してでかけた。
しかも、ちょっと出かけであたふたして、ついたのはぎりぎり。ところが、あら~、もう他の方がきていらっしゃる。教室の前で会い、お互いに驚き、担当表を見ると、間違えたのは、私、4年生だった!! 

いそいで、階段をかけあがったところが、4年生の教室がわからない(クラスの増減の関係で、以前とかわっているので、迷ってしまうのだ)。とおりがかった子に教室をきき、走りながら、どうしよう、2年生と同じプログラムじゃまずいよなあ、それに、「馬方やまんば」は4年生にもう語っているし……、そうだっ! 昨日「ルンペルシュティルツヘン」をおさらいしたばかり。それにしよう。と決めて、教室についた。

幸か不幸か、まだ教室は読み聞かせの準備ができていなかったので、準備していただいているうちに呼吸を整えて語った。

プログラム(といっても、ひとつだけ)

 ルンペルシュティルツヘン グリムの昔話

おさらいしたといっても、今日語るつもりはなかったので、きっちりとは覚えていなくて、ところどころ、細かいところはテキストとは違っていたけれど、まずは、無難に語り終えた。ふーっ。

子どもたちは、ありがたいことに、非常によく聞いてくれた。お后と小人が逆転するところ、にやっとする子が何人かいて、嬉しかった。語り終わってしばらく、ぼーっ。おしまいといってもぼーっという状態だったので、語りとしては良かったと思う。

「ルンペルシュティルツヘン」は、どういうお話なのだろうと、いろいろ考えるのだが、今は、娘(お后)VS小人を強く感じている。お后はとことん追い詰められて、最後でひっくり返す。小人は余裕で娘に勝つつもりで、手加減したために、ひっくり返されてしまう。そして、我とわが身を真っ二つに引き裂くほど悔しがる(もうちょっとだったから、そりやぁ、悔しいよね)。だから最後まで勝負や人生はわからないよーと、いっているお話じゃないかと。

それにしても、この前は時間を間違えたし、今回はクラスを間違えた。2回とも、手帳に間違って記入していた。これはいけない。チェックするように気をつけなくちゃ。

« バーニンガムおじさんの新作『ひみつだから!』 | トップページ | 忘れ物ドキッ、ええい、笑い飛ばしちゃえ »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/47714263

この記事へのトラックバック一覧です: たいへん、学年を間違えた!:

« バーニンガムおじさんの新作『ひみつだから!』 | トップページ | 忘れ物ドキッ、ええい、笑い飛ばしちゃえ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ