« 『いないいないばあ』の魅力の秘密は? | トップページ | もりあがりすぎ「ホットケーキ」 »

2010年1月15日 (金)

『チームひとり』ひとりとふたり、そして仲間

図書館の新刊コーナーでみつけた。

チームふたり (学研の新・創作) 』『チームあした (学研の新・創作) 』の続編だ。このシリーズ、地味だけれど、読まずにいられない。

チームひとり (学研の新・創作シリーズ)

 吉野万里子作 宮尾和孝絵 学習研究社

     

 小学4年生の広海は引越しで転校した。前の学校では双子の兄の大洋と、卓球部にはいり、ダブルスを組んでいた。だが、兄は新しい学校では、サッカー部に入る、広海と同じクラブには入りたくないという。広海は仕方なくひとりで卓球部に入る。

 ふたごでいるのは、どんな気持ちだろう。生まれたときからいつもいっしょだ。ふたりでひとり。でも、それぞれが個性をあるから、ひとりとひとりのふたりだ。
 大洋と広海は、兄と弟という立場のせいか、もともとの性格なのか、兄の大洋は落ち着いているのに対して、弟の広海はお調子ものだ。広海は、まわりに心遣いなく思ったことをすぐ口にしてしまう。だから敵もできる。でも、いつだってそばには兄がいて、ひとりじゃないという安心感があるから、のびのびやれた。兄あっての広海だった。
 ところが、転校してからひとりで卓球部に入らなければならない。兄とはじめてはなれて、広海の世界は変わる。仲間との関係でも、卓球でも、フォローしてくれる兄がいない。広海は陽気に振る舞いながらも、内面では、まわりとの調和を意識しはじめる。

 タイトルでわかるように、ひとりだちが、この巻のテーマだ。兄離れ、卓球でのひとりだち、ひいては、社会でのひとりだちだ。ひとりとふたり、そして仲間。その関係が、ふたごであること、卓球のシングルス、ダブルス、卓球部全体のチームに絡めて描かれている。

 一見自信満々に見える広海の、無意識に人に頼る弱さを卓球部の大滝コーチが見抜く。コーチは、思い切った方法をとる。そして、練習、試合を通して、広海を大きく成長させる。
 だが、スポ根ものの作品ではない。広海とコーチの会話は友達の軽いのりで、才能もある広海は、けっこう楽しく練習しながら、すいすいと伸びていく。そのあたりが、この作品のものたりないところでもあり、楽しいところでもある。

 このシリーズは、1巻ずつ、大地、純、広海と、受け継がれていく東小卓球部の部長を主人公にしてきた。この巻では純はもちろん、大地も、大地の家族も登場する。『チームふたり (学研の新・創作) 』では、大地の家族には、大変なことが起きていたから、その後どうなったかが見られることは、とても嬉しかった。

« 『いないいないばあ』の魅力の秘密は? | トップページ | もりあがりすぎ「ホットケーキ」 »

児童読みもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『チームひとり』ひとりとふたり、そして仲間:

« 『いないいないばあ』の魅力の秘密は? | トップページ | もりあがりすぎ「ホットケーキ」 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。