最近のトラックバック

« もりあがりすぎ「ホットケーキ」 | トップページ | 1月にバッタ?! »

集中力、気配り、まだまだ!!

 少人数で全校18名のK小学校でのおはなし会。

 わたしは4~6年生(11名)担当。2時間目と3時間目のあいだの長放課20分をいただいていたので、16分のおはなしをひとつだけ語った。

プログラム
 魔法の馬 ロシアの昔話

 子どもの前で語るのは2回目だ。前に5年生に語ったとき、だらだらと語って退屈させた気がしたので、今回はできるだけ軽く語ることを心がけた。でも、緊張したのと、気が散ったので、後半はあまりうまくなかった。
 たぶん、子どもに対して先生の数が多いからだろう。先生が次々にはいってきて、私の斜め後ろで写真撮影をはじめるた。すると、すかさず、ピースをする子がいた。静かに聴いていたけれど、どの程度おはなしにっはいっているのだろうなどと、余分なことを考えてしまい、言葉をとちったりして、それからリズムがくるいという具合だったのだ。
 よく聞く子は、しっかり聞いていた。また、後半はとくに耳を傾けているという感じのところもあった。
 このおはなしは、切羽つまったはなしではないので、それほどのめりこむようにしては聞かないのかなとも思う。でも、まだわたしの修行が足りないことは、まちがいない。

 お話の後、担任の先生が(先生はいたく感動されていてた)、「感想のある人」といい、一人の子か゜「同じ言葉が何度もでてきて、よく覚えたなと思いました」と言ってくれた。ほかの子はだれも答えず。わたしも感想は聞いてほしくないなと思いながら、なにも言えず、子どもたちの反応を待つ形になり、それもしくじったと思う。「感想は心にそっとしまっておいてね」ぐらいのことを言えばよかった。
 語りのできがよく、子どもたちも満足した顔で聞いてくれると、わたしも気をよくして機転をきかせることもできたのだろうか、ああ拙かったなと気落ちしていたので、ぼけっとしてしまったのだ。

 集中力、気配り、まだまだ!!

« もりあがりすぎ「ホットケーキ」 | トップページ | 1月にバッタ?! »

おはなし(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

そらこさん
すごい!魔法の馬を語られるのですね。
16分ですみますか?
なかなかにエネルギーがいる話ですよね。私の勉強している「おはなしの箱」でも語る人がいますが、なかなか難しいですよね。でも、イワンが耳をくぐってかっこよくなるとこやジャンプしてお姫さまにキスするところなんかロマンチックで大好きです。尊敬。

margaret さん

「魔法の馬」は、おとな向けのおはなし会で、ほかの方が語られるのを、どきどきわくわくして聞いたので、今年の夏から練習をはじめて、ようやく子どもの前で語れるようになりました。
長いので後半になると息切れしてしまいます。後半がとってもわくわくするのに。家で練習するときはちゃんと最後までいけるのに、本番では緊張して、エネルギーが続かなくなるのでしょうね。
最初のころは17分近くかかりましたが、このごろは16分弱で語れます。
わたしのよくいく学校では朝の読み聞かせで10分しかいただけないので、語る機会が少ないのが残念です。


そらこさま:
16分もの「語り」
すごい…shine
私にはとうてい出来ませんweep
「エパミナンダス」さえ、ぐちゃぐちゃになっちゃうんですもん…coldsweats02
尊敬します!

さて、昨年もお騒がせしましたが
「中坊のリアル本2009」がようやく完成しました。
お知らせまで!

harry さん

「魔法の馬」は前半繰り返しなので、わりと覚えやすいですよ。

エパミナンダスは、子どもたちが大笑いしてくれて楽しいですよね。わたしも大好きです。

リアル本、完成、おめでとうございます。

ああ、息子だったら、息を呑んで聞いただろうなと
その光景を想像して、うっとりしました。
語りを聞かせてくれる人が身近にいるなんて、
幸せですね、子どもたち!

感想を聞くのは、嫌ですね。
私と息子の暗黙の「読み聞かせのルール」は
お互い、感想や質問をしないでした。
だからこそ、安心して、お話の中に入ることが
できる(た)と、息子が読み聞かせを卒業した
今も、思っています。

だって、感想を聞かれると思ったら、
楽しむより、覚えておくほうに集中しちゃうし
何より、まとめることが苦手な子は、
指されたら嫌だなあと、嫌な時間になっちゃいますよね!
いつか、先生に、そっと、御願いしてみては、いかがですか!

こももさん

ああ、息子さんに聞いてほしいです。
「(魔法の)馬にのって出発するのだよ」と父親が末っ子にいうセリフがあり、わたしはいつも、わが息子よ、あなたもと思うのです。

感想については、学校の先生には、気弱な私はなかなか言い出せないのですよ。学校ではどうしても教育の成果が求められるでしょ。そんな、先生の気持ちもわかってしまうので。

でも、理解していただく努力はしなくちゃいけないですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/47361232

この記事へのトラックバック一覧です: 集中力、気配り、まだまだ!!:

« もりあがりすぎ「ホットケーキ」 | トップページ | 1月にバッタ?! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ