2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« クリスマスの月です。 | トップページ | 児童クラブ クリスマス会 »

2009年12月 8日 (火)

自分の言葉で語りたい

 今朝は今年一番の冷え込み。でも、お日様がでたらぽかぽかあたたかい。

 H保育園では、子どもたちが園庭で外遊びをしていた。お日様が部屋に入ってくるから窓も全開で気持ちがいい。

 年長さんのストーリーテリングによるおはなし会

プログラム
 導入 あたまにぼうし めにるがね
 こぶじいさま 日本の昔話 *
 ねことねずみ イギリスの昔話
 はらぺこピエトリン イタリアの昔話

 どの話もとてもよく聞いていた。とくに「はらぺこピエトリン」の最後の方は、いったいどうなるかとみな目をまん丸にして聞いていた。このおはなしは最初から「子どもの肉を食べるのが大好き」というので、子どもたちはびっくりする。ひとりの男の子は「ひぇーっ」と悲鳴をあげた。また、フォカッチャという耳慣れない食べ物がでてくるので「フォカッチャってなに?」と大きな声で聞き、語り手が「おかしだよ」と答えてから話を続けたりした。この語り手は、いつも、言葉を覚えて語っているのではなく、自分の中にあるおはなしを自分の言葉で語っているように見える。すごいなあ。子どもたちは、たっぷり楽しめたと思う。

 しかし、わたしの「こぶじいさま」は散々だった。またまたいいわけすれば、前半、隣の部屋からガーガーといすを動かす音が鳴り、自分の声に集中することができなかった。それで、なんだか、リズムが狂い、言葉をまちがえて、よけいリズムが狂い、おかしなことをいってしまい、なんとか修正して語ることになってしまったのだ。さいわい、後半から持ち直した。だが意外にも子どもたちは身を乗り出してきいてくれたし、仲間にも、わたしが混乱して語っていることはわからなかったらしい。
 繕い方がうまくなって、これもひとつの成長かも。いやいや、つくろわなくてもいいように、集中し、自分の言葉で語れるようにしなくては。

« クリスマスの月です。 | トップページ | 児童クラブ クリスマス会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の言葉で語りたい:

« クリスマスの月です。 | トップページ | 児童クラブ クリスマス会 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者