最近のトラックバック

« 本当の親の愛とは? 『海の深み』ステフィとネッリの物語3 | トップページ | 図書館フェスタ »

隣市児童館でのひよこちゃん

 いつもの図書館でのおはなしではなく、隣市児童館でひよこちゃんのおはなし会。

 校下でインフルエンザが流行しているということもあって、集まったのは3組の親子。3歳の男の子ひとり、2歳の男の子と女の子がひとりずつだった。

プログラム

 わらべうた いっちくたったくたいもんさん *
         ととけっこよがあけた *
 絵本 くっついた 三浦太郎作 こぐま社
 絵本 ほらみてみて (たんぽぽえほんシリーズ) 花之内 雅吉作 鈴木出版
 ペープサート あわあわ 
 紙芝居 おいしいとびらをとんとんとん―食べものに親しむ (食育かみしばい・おいしいね、うれしいね!) 土田義春作 童心社 *
 ペープサート ウサギとカメ

 ほかの部屋で音楽体操をしてから、おはなしの部屋にきた。3組にしては部屋が広いので、子どもたちはどうすわっていいか落ち着かない。
 
「いっちくたったくたいもんさん」と「ととけっこよがあけた」は、お花の手袋人形をつかった。最初グーをにぎって、ぱっと開いてお花を見せるのを数回して、子どもたちの関心をひいてからはじめた。いちばん大きい子はいっしょに手を動かそうとする。2歳の子たちは前半あきたが、後半の「よがあけた、おはな、おきてきな」「おはよー」のところで、興味をもって、いっしょに「おはよー」といいだした。自分の生活にあるものがでてくると興味を引くのだと思う。

絵本はよく聞いていた。2冊目になったら、2歳の子たちはすこしあきてきたかな?

ペープサートはあわにかくれた動物やおすもうさん、ゆうれいをあてっこするもの。これは、楽しそうだった。答えがわからないとお母さんに「なんだと思う?」と聞いている。

紙芝居は、舞台が珍しくて3人とも前に出てきてしまった。紙芝居にちなんでひとりひとりに「とんとんとん」とたたかせたのが間違いの素。おはなしより、たたいたり、場面をひいたりしたいばかりで、紙芝居そのものにはまつたく興味を示さなくなっとしまった。見かねて児童館の先生が「おかあさんのところへいって見ましょう」といってくださったが、紙芝居に関心がもどることはなかった。楽しい紙芝居なのに残念。最初から、ちゃんと座らせるべきだった。

最後は、ペープサートのおはなし。「ウサギとカメ」のおはなし自体は理解できないと思うけれど、ペープサートが動くので、よく見ていた。

小さな子は予測がつかない。でも、すこしでも楽しい時間がすごせたら、よしかな。

« 本当の親の愛とは? 『海の深み』ステフィとネッリの物語3 | トップページ | 図書館フェスタ »

ひよこちゃんおはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隣市児童館でのひよこちゃん:

« 本当の親の愛とは? 『海の深み』ステフィとネッリの物語3 | トップページ | 図書館フェスタ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ