最近のトラックバック

« 元気なクラス | トップページ | こっち見て見て »

あまくてからいのフレーズ

校区内の中学校では学級、学年閉鎖が相次いでいるが、南K小学校はまだ閉鎖なしで元気。1年生たちも元気いっぱいだ。

5時限目のおはなし会プログラム

 絵本 だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本 (音のでる絵本) エリック・カール作 工藤直子訳 偕成社
 おはなし 三枚のお札 日本の昔話 *
 紙芝居 ドングリ 七尾純構成/文 あかね書房
 絵本 だんごどっこいしょ (子どもがはじめてであう民話 1) 大川悦生文 長谷川知子絵 ポプラ社

だんまりこおろぎ―虫の音がきこえる本 (音のでる絵本)』はとてもよく聞いていた。繰り返される、こおろぎの羽をこする音「こしこし」がしーんとした中に静かに響く。最後にこおろぎの鳴き声が聞こえてくると、子どもたちはびつくり。きょろきょろしていた。

「三枚のお札」もよく聞いてくれた。最後に、にこーっと笑った子が数人いて、とてもうれしく思う。

「どんぐり」は、科学の紙芝居だ。オトシブミやゾウムシが出てきたり、いろいろな種類のドングリが紹介されたりで、男の子たちがとくに喜んだ。私が知らないことも、子どもたちは「知ってる~」というので、驚いてしまう。

最後の『だんごどっこいしょ (子どもがはじめてであう民話 1) 』も楽しかった。はじめ、ぐつという男の子のおばかさんぶりの意味が子どもたちはわからないようで、ぽかーんとした顔をしていたが、だんだんわかってきて、「あまくてからいだんご」が繰り返されるあたりから笑いが広がった。繰り返しの持つ力を感じる。絵本が終わってからも「あまくてからい……」と子どもたちはいいあっている。きっと、このフレーズで遊ぶんだろうな。

« 元気なクラス | トップページ | こっち見て見て »

おはなし広場」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです、harryです。
こちらの地域では、小・中とも、パラパラと学級閉鎖です。その中で、私の勤務している中学校だけ無傷。「○○は風邪引かない」…職員室で先生方が冗談交じりに言ってますsmile
さてさて、去年作りました「中坊のリアル本」ですが、2009年版の作成に入りました。今度はもっとスケールアップを狙います。
よろしければ、また差し上げますね。

harry さん

ありがとうございます!!
harryさんのBlogで拝見して、おおっと楽しみにしています。また、おゆずりいただけるとうれしいです。
昨年のリアル本のなかで、わたしたち親子のいちばんのヒットは「NO.6」でした。

インフルエンザ、息子の中学では、なぜか3年生だけゼロです。やっぱり気合がちがうということになっておりますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/46527534

この記事へのトラックバック一覧です: あまくてからいのフレーズ:

« 元気なクラス | トップページ | こっち見て見て »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ