最近のトラックバック

« 雨の日を楽しみに!! | トップページ | 6年生の子が読みきかせ »

「エパミナンダス」での気づき

おやすみのはずだったが、担当者に急用ができたため、3年2組の朝の読み聞かせへ代役で入った。

先月と同じ学年なので絵本のみかえたプログラムで。

プログラム

 絵本 ピッツァぼうや  ウィリアム・スタイグ作 木坂涼訳 セーラー出版
 おはなし エパミナンダス ブライアント作 松岡亨子訳

ピッツァぼうや』は、わたしが大好きな絵本。この学年の子はまだ読んでいないので、読んでみた。意外にしんとして聞いている。クラスの読み聞かせにしては、絵が小さすぎただろうか。数人の子は、楽しそうにしていたが。

気をとりなおして「エパミナンダス」へ。大きな笑いにならないが、笑いがおこるのが早い。ケーキを指でにぎって帰るところからクスクス笑い出す子がいる。バターをもらうところで、もう予想して笑い出す子もいる。
前半の繰り返しが終わり、後半でいつもこどもたちが残念そうな顔をすると思うところ、子どもたちは真剣な顔できいていた。そのときはっと気づいた。子どもたちは、ここで話が急に変わるので、どうなるか耳を澄ましているのだ。おお、そうだったのかーっ、と思って丁寧に語る。ラストのオチが終わると「あーあ、ばかだね」ともらす子がいて、わかってくれたと思う。

「エパミナンダス」はたくさんの語り手が語って、失敗のない面白いおはなしだ。何度語っても、そのたびに発見がある。何度も語らせていただいて、なんと幸せだろう。

« 雨の日を楽しみに!! | トップページ | 6年生の子が読みきかせ »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/45573768

この記事へのトラックバック一覧です: 「エパミナンダス」での気づき:

« 雨の日を楽しみに!! | トップページ | 6年生の子が読みきかせ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ