最近のトラックバック

« 図書館祭り最終日 | トップページ | 課題図書を読む『春さんのスケッチブック』 »

夏だね、図書館へおいで

午前中涼しかったが、午後になると日が照って暑くなった。暑くなると図書館は混むんだよね。そのせいか、午後2時からの図書館のおはなし会は、はじめ少なかったのに、ぽつぽつと集まってきて、子ども10名、大人4名となった。ひよこちゃんのおはなし会によくきてくれたMくんは幼稚園に行き始め、すっかりおにいちゃんになった姿を見せてくれた。

プログラム

 わらべうた おてぶしこぶし *
 絵本 これはうみ (これはの絵本)  五味太郎作 岩崎書店
 絵本 うみべで あそぼう(福音館の科学シリーズ) なかのひろみ文 小林安雅写真 福音館書店 
 絵本『まほうのかさ』 R.ファイルマン原作 E.コルウェル再話 松岡享子・浅木尚実訳 ジョン・シェリー絵 福音館書店 *
 詩・手遊び ててて まどみちお詩 *
 絵本 あめ じょあじょあ イ・ミエ文 田島征三絵 おおたけ きよみ訳 光村教育図書 *
 紙芝居 かみなりさまとくわのき (あたらしい民話でてこい 第 2集) 清水たみ子文 安井康二絵 教育画劇
 エプロンシアター くいしんぼうかいじゅう

 一番小さな人が3歳くらい、大きい子は2年生だ。ちょうど小学生の低学年にいいプログラムで、小さな人たちには、すこし難しすぎたかもしれない。みんな静かにきいてくれているけれど、楽しめたかなあと、読みながら心配になる。『うみべで あそぼう(福音館の科学シリーズ)』は、ひとでや、うに、なまこといった海辺の動物にいろいろな実験をする写真絵本。わたしも知らないことばかりで面白かった。「アメフラシ」もでてきた。今おぼえて練習しているグリムの昔話「あめふらし」(グリムのお話集のなかには「テンジクネズミ」と訳されているのもある)が、わあ、こんなのだとわかって、びっくり。グリムでは、かわいい小さな動物ということになっているが、うーーーむ。

 最後はエプロンシアターで、ちいさな子も大きな子も、わいわい。あー、おもしろかった。

« 図書館祭り最終日 | トップページ | 課題図書を読む『春さんのスケッチブック』 »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/45535131

この記事へのトラックバック一覧です: 夏だね、図書館へおいで:

« 図書館祭り最終日 | トップページ | 課題図書を読む『春さんのスケッチブック』 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ