最近のトラックバック

« あちゃ~、飛行機の騒音 | トップページ | バレリーナさんがひとり »

課題図書を読む『夏から夏へ』

 日本チームが銅メダルを勝ち得た北京オリンピック(2008年)のリレーの感動は記憶に新しい。
 この作品は、その前年に行われた大阪大会の予選から、翌年北京オリンピックの前までのほぼ1年、著者が選手たちを追って取材し、リレーチームのドラマ、選手ひとりひとりのドラマを描き出したものだ。

夏から夏へ
  佐藤多佳子著 集英社

 2007年夏、世界陸上の大阪大会、男子4×100メートルで、塚原、末續、高平、朝原の4選手は予選、決勝と2度アジア新記録をぬりかえて、5位入賞をはたした。
 著者は、まず大坂大会の予選を、自分がスタジアムで見たままに書き、次に、一走から四走の走者を説明しつつ、それぞれの走者の目で書く。翌日の決勝も同様に著者の目、各走者の目で書く。さらに著者は、大阪大会のあとに選手の練習を見学し、また選手やコーチ、両新などをインタビューして、各選手の生い立ちからさ今の生活、記録、練習方法などを紹介する。リザーブ・メンバーの小島選手のことも、役の重要さとそれをやり遂げた彼の偉大さを知り、本で触れないのは間違っていると、インタビューして書いている。

 陸上のことは特に興味をもたないわたしが、課題図書、佐藤多佳子、タイトルにひかれて手にした本だ。始まりの数ページに、著者がスタジアム北スタンドの席から観た予選の様子が、日本陸上の実情を織りまぜながら書いてある。わたしには知らないことばかりで、ついていけない。正直言って、これは読みきれないと思った。
 ところが、我慢して読んでいるうちに、いつのまにか、おもしろくてたまらなくなっていた。記憶が苦手なので、競技場の名称や、記録などはみな読むはしからとんでいく。けれど、それぞれ個性のある選手の人柄が立ちあがってきて、彼らの苦しみ、喜びをともに体感し、彼らを身近に感じた。塚原が新星の江里口を挑発する発言をしたというニュースをきけば、あの塚原ならそうだろうと、わけしり顔で思ったりもする。
 それにしても、短距離走がこれほどに奥深くメンタルな競技だとは知らなかった。100走メートルなら約10秒、200メートルなら約20秒、4×100メートルリレーでも40秒足らずで勝負が決まる(リレーになると100メートルの記録約10秒の4倍より短くなるのが不思議だ)。そのほんの短い時間のために、選手たちは練習を工夫して繰りかえし、体と精神を鍛え、集中力を養い、恐ろしい集中力でレースに挑む。その結果はタイムと順位というごまかしのできない数字であらわされる。ある意味「残酷な」競技だ。そのなかで日本のトップとして活躍できる彼らは、やはり、それなりの人なのだ。もちろん、身体能力、素質はだれよりも勝っていたはずだ。だが、それだけではない。そのあとにくる人間的なもの――精神面の強さだったり、豪胆さだったり、繊細さだったり、しなやかさだったりが、なにかある。おそらくそれは、競技生活の中で養われたものであり、自分で養う力があったから、今の彼らがあるのだろう。
 そんな心身を極めた選手のつくったリレーチームはやはり「すごい」としかいいようがない。たがいに競いあうライバルだが、たがいを認め合い、信頼しあっている。人々の期待という重圧を背負って前に進む――同じ高みを目指して走る。40秒も満たないレースの裏に、仲間のドラマ、ひとりひとりのドラマがぎゅっと凝縮されていて、大きな感動をよぶ。

 初版は2008年7月31日、北京オリンピックの直前だ。このあと彼らは、北京オリンピックで銅メダルを勝ちとった。この本を昨年読んでいれば、北京オリンピックの感動はもっと大きかったのにと思う。今年の世界陸上 in ベルリンに、リレー出場はあるのだろうか? 塚原、高平は活躍できるだろうか? ものすごーく楽しみだ。

 第55回青少年読書感想文全国コンクール 高校生の課題図書。

confident中学生の課題図書としていましたが、高校生でした。お詫びして訂正します。(2009.7.19)
  

« あちゃ~、飛行機の騒音 | トップページ | バレリーナさんがひとり »

児童読みもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/45649822

この記事へのトラックバック一覧です: 課題図書を読む『夏から夏へ』:

« あちゃ~、飛行機の騒音 | トップページ | バレリーナさんがひとり »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ