最近のトラックバック

« おかあさんの気持ち | トップページ | ボーイたち »

小さな子と大きな子

先週土曜日の図書館でのストーリーテリングによるおはなし会

おはなし会のあと息子のサッカーの練習試合を感染に行きこってり疲れ、昨日は5層構造のフライパンにひびが入っているのを発見(信じられない)し、同じような安いものをネットでさがしているうち、またこってり疲れ(ネットショッピングは疲れる)というわけで、1日あけて今日の書き込みになりました。

プログラム

 おはなし 若返りの水 日本の昔話
 おはなし おなべとおさらとカーテン 村山籌子作 『リボンときつねとゴムまりと月』(JULA出版)
 わらべうた&手遊び ふくすけさん *
 おはなし 屋根がチーズでできた家 スゥエーデンの昔話 *

いつもはとっても人数が少ないのだが、今回は子ども16名、大人8名とよく集まった。3歳くらいの子が数人ふくまれていて心配だった。実際最後のおはなしのとき「おうちにかえろうよ~」と、すわり続ける母親を呼ぶ声もしたけれど、だいたいはちゃんと聞いていた。5歳から小学生の子も数人いて、その子たちはよく聞いていた。図書館は小さな子のことを考えて、今回のように短めなプログラムでまとめるのがいいと思った。

手遊びは前にすわっていた女の子がとても楽しそうにやっていて、終わると「あー楽しかった」といって喜ばせてくれた。すると、後ろにいた小学生が「つまらん」とひとこと。ごめんね。幼児向けです。

わたしが語った「屋根がチーズでできた家」は、さすがに怖いお話なので、みな身をすくませて聞いていた。男の子がひとりお母さんのところへいったのがおもしろい。とちゅうで、すこし子どもたちが退屈そうにみえて、わたしもあせり、だらけてきたのが反省。集中集中!!
おはなしのあと手遊びがつまらんといった男の子がさっそく本をみにきて、「屋根がチーズでできた家」の確認をしていて、ほほぅと感心した。
出典本の紹介、大切です。

 

« おかあさんの気持ち | トップページ | ボーイたち »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/45198797

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな子と大きな子:

« おかあさんの気持ち | トップページ | ボーイたち »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ