最近のトラックバック

« この鳥なあに? | トップページ | ミュージカルな絵本『ウポポ ウポポポ ポタージュスープ』 »

「かしこいモリー」の力

I南小学校での朝の読み聞かせに呼んでいただいた。

担当は6年2組。

プログラムは

 絵本 こしぬけウィリー (児童図書館・絵本の部屋)  アンソニー・ブラウン作 久山太市訳 評論社
 おはなし かしこいモリー イギリスの昔話

始まる前、廊下で教室の中をうかがったら、変声期に入った男の子がわいわいやっている。後ろの方ですねたようにすわっている子もあり、これは大変なクラスかもしれないと心配した。

ところが思いのほか、絵本の表紙を見せたとたん「おっ、サルだ」「いやゴリラだ」と関心を持ってくれる。中表紙のバナナにも「おお、バナナ」との声。静かにきいて、笑うところでは笑ってくれた。

「かしこいモリー」は高学年で語るのは、初めてだ。食いつくような目をして聞いてくれた。うしろにいて、はじめうつむいていた子が、途中からしっかり顔を上げてききだしたのが、感激だった。このおはなし、1年生の子から大人までひきつける力がある。すごいと思う。おはなしって面白いなと思ってもらえれば、嬉しい。

 

« この鳥なあに? | トップページ | ミュージカルな絵本『ウポポ ウポポポ ポタージュスープ』 »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

そらこさん
ご無沙汰です。お元気で活躍うれしいです。
最近ばたばたでブログの更新もままならずでした。
「かしこいモリー」は私も持っているのですが、今月のおはなしの箱の勉強会でも出ました。そこで『髪の毛一本橋』はどんな橋にしている?というのが話題になったんですよ。私は文句なく髪の毛一本橋です。モリーはそんな橋でもスルリとわたっちゃう身軽さん。他の方はそれはありえないから細~い橋とかいろいろ出ておもしろかったです。そらこさんは?
このお話は子どもたちよく聞きますよね。

マーガレットさん

いらっしゃいませ~。年度末は忙しいですね。
わたしも、1年の記録のまとめなどで、あたふたしています。

髪の毛一本橋、そのものを考えていらっしゃるのですねえ。わたしは、ほそーい縄が1本あって、ピンとはっているのではなく、すこしたわんで、ゆらゆらするような橋を考えていました。イギリスのおはなしなので、髪は金髪でしょうか?

子どもたちは、2回目3回目の「髪の毛一本橋」をいうと、にこにこして隣の子と顔を見合ったりします。どんな橋を想像しているのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/44321383

この記事へのトラックバック一覧です: 「かしこいモリー」の力:

« この鳥なあに? | トップページ | ミュージカルな絵本『ウポポ ウポポポ ポタージュスープ』 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ