2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« お久しぶりの保育園 | トップページ | 低年齢化 »

2009年3月 6日 (金)

文の流れがいい『くいしんぼうのはなこさん』

 午前中、南K小学校では、6年生を送る会&ボランティアへの感謝の会が開かれた。1年生から5年生が合唱や合奏、寸劇、クイズで6年生とボランティアにありがとうをいい、先生方は「贈る言葉」で6年生を励まし、6年生が美しく力強い合唱を披露した。そして、校長先生のあいさつ。校長先生、泣かないで~。つられて、子どもたちもボランティアも、うるうる~。すてきな会をありがとうございました。

 わたしはいったん家にかえり、お昼休みにまたおはなし会にうかがった。今日は、とっても多くて30人近くはきてくれただろうか。

プログラム

 絵本 おまかせコックさん  竹下文子文 鈴木まもる絵 金の星社 *
 絵本 うしはどこでも「モー!」 エレン・スラスキー・ワインスティーン文 ケネス・アンダーソン絵 桂かい枝訳 鈴木出版
 絵本 くいしんぼうのはなこさん (日本傑作絵本シリーズ)  石井桃子文 中谷千代子絵 福音館書店 *
 絵本 まくらのせんにん さんぽみちの巻 (クローバーえほんシリーズ)  かがくいひろし作 佼成出版社

 人数が多いとわいわいがやがや大変だ。最初の2冊はみんなでわいわい読めばいいのだが、『くいしんぼうのはなこさん』は長くて、しっかり聞いていないといけない。先生がいらして注意してくださったこともあり、途中からしんとして聞いてくれた。お話が終わったら、かなりの子がでていってしまって、ちょっぴりさびしかった。やはり、こういうおはなしは、おはなし好きな子でないとだめかなのかなあ。最後のおはなしは面白かったのに、ごめんなさい。それでも、最後までかぶりつきで聞いている子がいたのはうれしい。

 雨の日のおはなし会は急なことなので、前から絵本を用意しているわけでなく、持ち合わせで読む。『くいしんぼうのはなこさん』も、たまたま手元に合ったので読んだのだが(こういう読み方はいけないよね)、言葉につまることなく、すらすらっと読めたので驚いた。たぶん、文章が滑らかだからだ。石井桃子さん、さすがです。

« お久しぶりの保育園 | トップページ | 低年齢化 »

雨の日のお昼休みおはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文の流れがいい『くいしんぼうのはなこさん』:

« お久しぶりの保育園 | トップページ | 低年齢化 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者