2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 今年の語りおさめは「森の家」 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2008年12月30日 (火)

中坊のリアル本

とどきました~! 『中坊のリアル本』
harry 先生、ありがとうございます。

この本は、マーガレットさんのところで知り(そのマーガレツトさんは、あそびっこさんのところで知り)、ハリーズ・ブックファイルのharry 先生から、図々しくも分けていただきました。「友だちの友だちは友だちだ」ルート本です。

表紙と裏表紙のイラスト(表紙はきり絵)のすばらしさに、びっくり。
そして、中をひらいて、自分の知らない本がたくさんなのにびっくり。
これが、中坊の世界か、と感激でした。
小説、古典文学、外国文学の域を超え、ライトノベル、ノベライズ、ケータイ小説までひろがっています。

ライトノベルはどれもはじめて聞くものばかりでした(今まで「キノ」シリーズ(時雨沢恵一作 電撃文庫)しか読んだことないから当たり前か)。おもしろそーというのが何冊か。
ノベライズは、へえ~、こんなのがノベライズされてたの?と、またまた驚きでした。

紹介文を読んでいると、そそられる本がたくさんあります。

現役中坊の息子は、みつけると早速読みふけっておりました。おお、これは、だれそれの家にあった、とか、これは、おもしろそうだ、とか、楽しそうです。ケータイ小説が学校ではいまはやっていると、ケータイ小説もチェックしておりました。

親子で活用させていただきます。
harry 先生、ありがとうございました。

« 今年の語りおさめは「森の家」 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

そらこ家にも届いたのですね。
太っ腹なharryさんに感謝です。
ぐるぐる回る友だちの輪が楽しいです!

そらこ様:
harryです
無事に届いてよかったです。
それと…
表紙がモノクロ版になってしまい、申し訳ないです。予算の関係でほんの10部しか作れず、みなさんにお届けすることができませんでした。ごめんなさい。
カラーだとこうです。
http://bookfile.air-nifty.com/harry/2008/11/post-908f.html

私的には、「配達あかずきんちゃん」がおもしろかったです。お読みでなければぜひ。
息子さんには、「世界征服は可能か?」をおすすめします。

では、よいお年をお迎えください。
さあて!これから窓ふきです。

あそびっこさん

おかげさまで、手にすることができました。こんな風に友だちの輪が広げていけて、いい時代ですよね。今年の最後のありがたい贈り物になりました。

harry 先生

図々しいお願いを快く引き受けてくださってありがとうございます。増刷してくださったのですね。お忙しい時期にすみません。
「世界征服は可能か?」は、息子が最初に目をつけていた本ですよ。ほかに『魔王』にも興味をもっていました。
「配達あかずきん」は、未読です。市立図書館にあったので、お正月があけたら、いってきます。
では、読書三昧のよいお正月がすごせますように。

明けましておめでとうございます!
ようやく、本格的に復活の兆しの見えてきた、こももです(笑)

面白そうですねえ。
ケータイ小説には、嫌悪感のようなものがあって、
たぶん、一生読まない!と、ひねくれおばさんでしたが、
そらこさんの息子さんがチェックしていると知り、
ちょっとだけ、読んでみようかな・・・という気持ちがわいてきました。
今年も、色々な本に挑戦してみたいです!
色々、教えて下さいね~

こももさん

あけましておめでとうございます。

年が変わって、昇り調子でよかったです。

ケータイ小説は、わたしも、ううーんと、食わず嫌いしています。でも、中学生だと魅力があるのでしょう。息子は興味があるけれど、まだ読んでいません(と思います)。瀬戸内寂聴さんは、書かれたのですよね。まずは読んでみなくて、ですね。
こちらこそ、今年も、いろいろ教えてください。よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中坊のリアル本:

» 中学生が選ぶ魂の本! [あそびをせんとや ~あそびっこ~]
「中坊(ちゅーぼー)のリアル本~私たち中学生が選ぶ魂の本!~」  群馬県館林市T中学校の「読書と図書館とharry先生をこよなく愛する中坊たち」が作ったブックリストです。縁あって、私も手にすることができました。この冊子をいただいて、学校図書館に本と子どもを愛する専任の司書の先生がいることが、どんなにすばらしいことかと、改めて思いました。  「みんなのお薦めの本を紹介する冊子を作ろうよ。」という先生の呼びかけに、手を上げて応えてくれる生徒がいて、それをひとつの形にするために先生と生徒が力を... [続きを読む]

« 今年の語りおさめは「森の家」 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者