最近のトラックバック

« 異次元へ連れて行かれない? | トップページ | 反応なし――プログラムのしくじり »

ひとりでするおはなし会と反省会

昨日は急に北風が吹いて寒くなった。

ちょうどその季節の変わり目にぴったりのプログラムを、3年1組の朝の読み聞かせに選んでいよかった。

担当は3年1組。

プログラム
 風の神と子ども 日本の昔話
 絵本 いがぐり星人グリたろう (あかね・新えほんシリーズ)  大島妙子作 あかね書房 

「風の神と子ども」は2日前に幼稚園で語って、イメージがとぼしいと相方に注意されていたので、何がいけないか、自分で考えて、少し語り方を変えてみた。前は、子どもたちが知らないところへ連れていかれることから、ちょっと怖いような沈んだ感じに語っていた。だが、おはなしの子どもたちは置いてきぼりにされるまでは、わくわくうきうきしていただろう。そのはしゃいだ感じを前半にイメージしてみたのだ。たぶん、前より軽い感じになったはずだ。
 聞き手の子どもたちは真剣に聞いてくれたのだけれど、わたしの語りがどう聞こえたか、子どもたちがどうとらえたのか、わたしにはわからない。語りを聞き手側で聞いてくれる人がいないところが、ひとりでするおはなし会の弱点だ。

いがぐり星人グリたろう (あかね・新えほんシリーズ)』は、楽しんでもらえたと思う。裏表紙の絵までよく理解してくれる子がいて、さすがの眼力と思う。

ところで、このあと、ほかのクラス(1年から4年まで10クラス)で読んだ仲間と、いつものように反省会をした。わたしが『いがぐり星人グリたろう (あかね・新えほんシリーズ)』をざーっと説明したところ、数人がげらげら笑い出して、わたしが、「これはラストしんみりするおはなしで、読んでいると涙が出そうになる」といっても、「ええーっ、こんなにおかしなお話が」といって、ぜんぜん信じてもらえない。わたしの本の紹介の仕方が下手だったのだが、すこし悲しかった。ブックトークをできるようになりたいと思っているのだが、ううむ、なかなか難しそうだ。

« 異次元へ連れて行かれない? | トップページ | 反応なし――プログラムのしくじり »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/43173018

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりでするおはなし会と反省会:

« 異次元へ連れて行かれない? | トップページ | 反応なし――プログラムのしくじり »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ