2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« どの年の子にあわせるか、それが問題。 | トップページ | 今日はよしっ! »

2008年10月 7日 (火)

サッカーぼうずたちへ

図書館の新刊コーナーでみつけて、中学サッカー部1年坊の息子にと、借りてきた本。

中村俊輔塾 全スーパーテクニック伝授 (トップアスリートKAMIWAZAプレミアム)』 講談社

         

FK(フリーキック)もPK(ペナルティキック)の区別もつかない母が読んでも仕方がないのだけれど、ぱらぱらとページをめくっているうちに、ほうほう、なるほどと、テクニックを伝授している部分も含めて、全部読んでしまった。

サッカーがまるでわからなくても、彼のプロとして精進する姿、前向きな精神に惹かれた。自分を知り、チームメイトを知り、相手を知り、どうすればいいかを考えて、実践をイメージしながら練習を積み重ねる。
自分のキックにくせがあれば、それを活かす方法を考える。弱点があれば、それをカバーする方法を考えて練習する。何度も練習して、自分のスタイルをみつけていく。
今の状態を観察し、そこから、頭を使って学び、修練を積んで前進する。その姿勢は、何事にも通じるだろう。細やかな観察、小さな努力の積み重ねが、大きな力を生むのだ。

読みながら熱くなっている自分に気がついた。
練習に励む息子の姿が脳裏に浮かぶ。そして、リビングの息子を見れば、にそにそ笑って漫画を読みふけっている。お~い。

いけない、いけない。母が熱くなると、息子は必ずひく。
彼だって、彼なりに悩み、努力はしている。

中村俊輔は、だから中村俊輔なのだ。
息子のことは息子にまかせて、メンタルな部分の教えを、母は、語りやおはなし会に活かそう!

« どの年の子にあわせるか、それが問題。 | トップページ | 今日はよしっ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「母が熱くなると、息子は必ずひく」
この一言に思わずくっくっくっと笑ってしまいました。
あったあったこういうこと・・・とわが身を振り返ってもまた笑えました。
さあ、私たちはお話がんばりましょうね。

まあ、マーガレットさんも!?
母はみな同じだと、安心しました。
いけないと思いながらも止められない。母親のさがでしょうか。
せめて食事でバックアップと、『サッカー食』という本をまた借りてきてしまいました(^-^; こちらも力(りき)入れすぎないように気をつけなければ……。
さあ、おはなし、おはなしと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカーぼうずたちへ:

« どの年の子にあわせるか、それが問題。 | トップページ | 今日はよしっ! »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者