最近のトラックバック

« 十三夜の前の前のおはなし会 | トップページ | こわいおはなしは先生のそばで »

ロングセラーの力

秋になると、ひよこちゃんのおはなし会でも、子どもたちは集中して聞けるようになる。季節のせいだろうか。不思議だなあ。
今日集まったのは、10組の親子、ねんねの赤ちゃんから元気な2歳まで、子どもは12人。

プログラム

 絵本 こんにちはどうぶつたち (0.1.2.えほん)  とだ きょうこ文 さとうあきら写真 福音館書店 *
 わらべうたあそび じーじーばー * 
 絵本 あっあっあっ、みーつけた! (とことこえほん) 徳永満理文 垂石真子絵 童心社
 絵本 とっとことっとこ (よんでよんでのえほん)  まついのりこ作 童心社
 てあそび 大きな栗の木の下で
 絵本 おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)  林明子作 福音館書店 *
 絵本 でんきつけて! (あかちゃんしかけえほん)  さいとうしのぶ作 ひさかたチャイルド *
 わらべうた うさぎうさぎ *
 紙芝居 じょうずじょうず なとりちづ脚本 おおともやすお絵 童心社
 紙芝居 りんごくんのおうちはどこ? とよたかずひこ脚本・絵 童心社

こんにちはどうぶつたち (0.1.2.えほん) 』で、まずはみんなでご挨拶をしてみた。この絵本は、どの動物も真正面からの顔が写真になっている。なじみのない動物もあるけれど、赤ちゃんは真正面からの顔に反応すると聞いて、読んでみた。子どもたちはよく見ていた。でも、こんにちは。と挨拶するのが、ちょっとぴんとこなかった様子だ。
あっあっあっ、みーつけた! (とことこえほん)』は指差し、『じょうずじょうず』はたっちがテーマ。ちようど、そんな年の子がいて、嬉しそうにみてくれた。
おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本) 』も、しーんとして聞いてくれて、読むほうも気持ちが落ち着く。さすがロングセラーだ。
この本は、うちの子も小さなとき大好きで、お月様を「こんばんは」という名前だと思いこんでいて、お月様をみると「わっ!」(こんばんはのわ)と指差したものだ。
子どもたちをひきつけるのは、言葉の響き? 紺と黄のコントラストの美しさ? なんだろう。

« 十三夜の前の前のおはなし会 | トップページ | こわいおはなしは先生のそばで »

ひよこちゃんおはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロングセラーの力:

« 十三夜の前の前のおはなし会 | トップページ | こわいおはなしは先生のそばで »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ