最近のトラックバック

« 豪雨の次の日のおはなし会 | トップページ | おじいちゃんもおはなし会に »

夏休みが終わってはじめてのおはなし会

夏休みが終わってはじめての土曜日。よい天気になったので、図書館に来る子は少ないと思ったけれど、18人とたくさんの子が来てくれてびっくり。みんなでくっついて、聞いてくれる。

プログラム

手遊び あたまの上でパン *
絵本『わんわん にゃーにゃー (あかちゃん絵本シリーズ) (福音館あかちゃんの絵本)』長新太作 和田誠しあげ 福音館書店 *
絵本『ぼくかけっこはやいよ (チューリップえほんシリーズ)』 中谷貴子作 鈴木出版
絵本『ぽっかりつきがでましたら (えほんのもり)』内田麟太郎文 渡辺有一絵 文研出版
絵本『100かいだてのいえ』岩井俊雄 偕成社 *
ペープサート ふうせんふわふわっ *
絵本『トラさん、トラさん、木のうえに! 』アヌシュカ・ラヴィシャンカール文 プラク・ビスワス絵 うちやま まりこ訳 評論社
紙芝居『おばけちゃんとことこ』長野ヒデ子脚本・絵 童心社 *

常連さんで、いつもおもしろくてしかたないというように聞いている女の子がいる。5、6歳だろう。この子が『ぽっかりつきがでましたら (えほんのもり)』を大声をだして笑ってみていた。えっ、なにがおかしいの?という顔をする子、つられて笑い出す子がいて楽しい。すっと、絵本の世界に入れる子は得だなと思う。
100かいだてのいえ』は、1階から100階まで部屋の様子が事細かに描かれている。本当は読み聞かせには向かないのだけれど、図書館のおはなし会はこじんまりしているので読んでみた。絵が小さいからと前によって来てもらう。1階、2階……と数えながら読むと10分くらいかかる。でも、いろいろ描かれているから、楽しんでみてもらえたと思う。絵本を持っている手がつかれた~。
トラさん、トラさん、木のうえに! 』は、黒と朱だけではっきりくっきり描かれている。シルクスクリーンらしい。絵と文字が素敵だ。はらはらするところもあり、ラストはほっとできる。これは 相方が選んだ本。わたしにはできない絵本選びで、子どもたちの世界がひろがったと思う。

« 豪雨の次の日のおはなし会 | トップページ | おじいちゃんもおはなし会に »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

「100かいだてのいえ」も「トラさん、トラさん、木のうえに」も楽しそうですねー!!
しっかり、チェックさせて頂きました!!
図書館で探すぞー

こももさん

「100かいだてのいえ」は、こまごました書きこみが楽しめますよ。逆に「トラさん、トラさん、木のうえに」は、必要なものしかないので想像力が膨らみます。すこしわからないところもあるのですが……。
また、感想を聞かせてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/42396690

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みが終わってはじめてのおはなし会:

« 豪雨の次の日のおはなし会 | トップページ | おじいちゃんもおはなし会に »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ