最近のトラックバック

« 「山猫軒」より怖い、すてきな?レストラン | トップページ | 年齢に合うおはなし »

今年も楽しかった! 春の図書館祭

小学校では春の図書館祭がたけなわの時期だ。

昨年から呼んでくださるA小学校の読み聞かせと、校区の小学校の読み聞かせの担当が、今年は同じ日に重なってしまったので大忙しだった。

まずはA小学校の様子からからご報告。
ここは、どの学年も1時間ずつ、A小学校のボランティアさんとゲストの読み手が組んでおこなう。低学年が2限目、中学年が3限目、高学年が4限目だ。

私は1年、3年、5年を担当した。
今年も、どの学年でも歓待していただいて、とても楽しい時間をすごせた。ありがとう。

1年3組
 絵本 ふしぎなおるすばん 斉藤永美作 岡本順絵 ポプラ社
 絵本どうぶつにふくをきせてはいけません ジュディ・パレット文 ロン・バレット絵 ふしみみさを訳 朔北社
 絵本 かみで あそぼう―きる・おる (かがくのとも傑作集) こすぎけいこ作 福音館書店
 絵本 ハンダのびっくりプレゼント アイリーン・ブラウン作 さくまゆみこ訳 光村教育図書
 手遊び 木がのびる
 おはなし ついでにペロリ デンマークの昔話
 エプロンシアター 3びきのやぎのガラガラドン

わたしは『かみで あそぼう―きる・おる (かがくのとも傑作集)』以後を担当した。
おはなし会の前に、今年の1年生は落ち着きがないので、45分も聞けないかもしれません。もし無理なようなら早めに切り上げてくださいというお話があった。
でも、いっしょにはいったボランティアの方が、子どもと対話しながら上手に読んだので、子どもたちはたくさんお話が聞きたい様子だった。
「ついでにペロリ」はちょっとつかれたかな? でも、ガラガラドンになったら、目が輝いた。大きいヤギがででトロルをやっつけるのをわくわくして待っている。おはなしの力を感じる。

3年3組
 絵本 あたしクラリス・ビーン (ほんやくえほん) ローレン・チャイルド作 木坂涼訳 フレーベル館
 絵本 ふしぎなナイフ (こどものとも傑作集) 中村牧江・林建造作 福田隆義絵 福音館書店
 おはなし エパミナンダス
 絵本 ミミズのふしぎ (ふしぎいっぱい写真絵本 (3)) 皆越ようせい写真・文 ポプラ社
 大型絵本 わゴムはどのくらいのびるかしら? (ほるぷ出版の大きな絵本) マイク・サーラー文 エリー・ジョイナー絵 岸田衿子訳 ほるぷ出版
 読み物 なぞなぞライオン (おはなしパレード)より「なぞなぞライオン」「しりとりなサイ」 佐々木マキ作 理論社

わたしの担当は『ふしぎなナイフ (こどものとも傑作集)』から『わゴムはどのくらいのびるかしら? (ほるぷ出版の大きな絵本) 』まで。

あたしクラリス・ビーン (ほんやくえほん) 』は、3年生にはまだすこし早かったかもしれない。「エパミナンダス」はいままでで最高に喜んでもらえた。『ミミズのふしぎ (ふしぎいっぱい写真絵本 (3))』は、うんちから頭から離れられない子がいて、ちょっとカワイそう。

ラストの読み物は時間が足りなくなってしまった。7~8分で読めると聞いていたので、10分あけておいたのだが、実際読むと15分くらいかかってしまったよう。読み手がおもしろいので、もう少したっぷり時間をとっておけばよかったと思う。

5年3組
 絵本 いいからいいから 長谷川義史作 絵本館
 絵本 ウエズレーの国 ポール・フライシュマン作 ケビン・ホークス絵 千葉茂樹訳 あすなろ書房 
 絵本『お江戸はやくちことば』からはやくちことば 
 おはなし 小石投げの名人タオ・カム ラオスの昔話
 絵本 真昼の夢 (ほるぷ海外秀作絵本) セーラ・L.トムソン文 ロブ・ゴンサルヴェス絵 金原 瑞人訳 ほるぷ出版

わたしは『お江戸はやくちことば』以降を担当。
いいからいいから』でノリが悪かったので心配したが、『ウエズレーの国』では、だんだんおはなしにはいっていくのがわかった。王国をつくっていくことにわくわくして聞いているのだろうか。
お江戸はやくちことば』からはふたつ。結構難しくて、いっしょに言ってもらって気分転換をした。
前回朝の読みきかせでいまひとつだった、「小石投げの名人タオ・カム」は、とても楽しんでもらえたのでびっくり。先生がいっしょに楽しんでくださったのもよかったかも。
真昼の夢 (ほるぷ海外秀作絵本)』は絵の不思議さで大騒ぎに。市立図書館にあるというと、絶対借りに行く~という。本当は本をおいてきてあげるといいのだけれどな。

« 「山猫軒」より怖い、すてきな?レストラン | トップページ | 年齢に合うおはなし »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/41561726

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も楽しかった! 春の図書館祭:

« 「山猫軒」より怖い、すてきな?レストラン | トップページ | 年齢に合うおはなし »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ