最近のトラックバック

« 信じられないこと | トップページ | 信じられないことpart2 »

子どもたちと読むこと

桜が満開だ。今年は桜が咲き始めてから花冷えし、いいお天気が続いているので、見ごろが長いように思える。みなお花見に出掛けて、図書館に来る子はすくないかな?と思ったけれど、意外にもたくさんの子が来てくれた。

 詩 は は はるだよ(絵本『は は はるだよ』より) 与田準一/詩 金の星社 *
 絵本 どこからきたの こねこのぴーた 与田準一/作 安泰/絵 童心社
 絵本 おたすけこびと  なかがわちひろ/作 コヨセ・ジュンジ/絵 徳間書店 *
 紙芝居 うぐいすのホー 杉浦宏/脚本 松成真理子/絵 童心社 *

『どこからきたの こねこのぴーた』は、きょうが読み聞かせデビューのTさんが読んでくださった。初版が1966年の本で、すてきな作品なのにわたしはいままで知らなかった。絵が古い感じがするけれどこねこがかわいい。読んでいただくと、こねこのぴーたといっしょに、いろいろな動物に出会っていける。文のリズムがよくて、小さな子もよく聞いていた。いい絵本だと思った。

うぐいすのホー』は、桜の季節にぴったりの紙芝居だ。桜はふつう花びらで散るけれど、ときどき花ごと落ちているわけを、この紙芝居ではじめて知った。でも、今日の子どもたちには少し難しすぎたかもしれない。小学校で読むといいのだけれど、この入学進学の時期はなかなか読む機会がなくて残念だ。

おはなし会が終わった後、Tさんは、とても楽しかった、子どもたちが真剣に聞いてくれたのがうれしかった、とおっしゃった。
そう、そうなの。絵本は、一人で読むより子どもたちと読んだほうがずっと楽しい。だから、読み聞かせはやめられない。

« 信じられないこと | トップページ | 信じられないことpart2 »

図書館おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/40775972

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちと読むこと:

« 信じられないこと | トップページ | 信じられないことpart2 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ