最近のトラックバック

« 卒業式 | トップページ | ストーリーテリングな一日 »

のっしのっしと遊んでね

今年の春は早くやってきた。わが家の雪柳は満開、チューリップも咲いている。図書館の駐車場の早咲きの桜も満開だ。そんななかひよこちゃんのおはなし会

プログラム

 わらべうた つくしんぼ *
 絵本 しろいはうさぎ クォン・ユンドク/作 チョン・ミヘ/訳 福音館書店
 絵本 でてこい ちゅーりっぷ いもとようこ/作 童心社
 手遊び ちっちこことまれ *
 絵本 くまとりすのおやつ (幼児絵本シリーズ) きしだえりこ/文 ほのうちせいいち・ほりうちもみこ/文 福音館書店 *
 絵本 ももんちゃんのっしのっし (ももんちゃんあそぼう) とよたかずひこ/作 童心社 *
 手遊び つくしんぼ *
 紙芝居 くまさんのぼうし 古内ヨシ/脚本・絵 童心社

子どもたちはとても元気だ。歩きはじめた1歳前後の子が数人いて、部屋中を動きまわっている。自由に移動できるようになってうれしくてたまらないのだろう。
でも、わらべ歌を歌いだすと、どの子も動きをとめてじっと聞き入る。旋律が心をひくのだろうか。
2、3歳の子は、小さな子たちにおされぎみでおとなしい。お母さんのおひざでおはなしをちゃんと聞いていた。

とくに集中して聞いてくれたのが、『ももんちゃんのっしのっし (ももんちゃんあそぼう)』だ。牛さんがのっしのっし、ののんちゃんがのっしのっしと散歩して、きんぎょさん、さぼてんさん、ゆうれいさんが牛さんの背中にのっていく。繰り返しのシンプルなおはなしだけれど、それだけでなくて、絵を見ていれば、ももんちゃんの気持ちが伝わってくる。ももんちゃんといっしょに歩いている気持ちになれるのかもしれない。

歩き回っていた子のお母さんが「のっしのっし」と声をかけて、その子も動きをとめて耳を澄まして聞いてくれたのもうれしかった。おうちで、はいはいするときなどに、「のっしのっし」と遊んでほしいなと思う。

« 卒業式 | トップページ | ストーリーテリングな一日 »

ひよこちゃんおはなし会」カテゴリの記事

コメント

わらべうたの旋律って、本当に不思議ですよね。
大人は、なかなか覚えるのに苦労するのに
子どもは、すっと覚えてしまうのですもの。
私は、今月から、憧れだった「わらべうた教室」に、
娘とデビューの予定です!
(どうか、娘が熱を出しませんように)

こももさん

「わらべうた教室」デビュー、うらやましいです。息子が乳幼児のころは、わらべうたをほとんど知らなくて、わらべうたをうたってあそべなかったことが、とても心残りなのです。
娘さんの様子、また教えてくださいね。(熱がでませんように)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のっしのっしと遊んでね:

« 卒業式 | トップページ | ストーリーテリングな一日 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ