最近のトラックバック

« また張り切りすぎ? | トップページ | だるまさんがころんだ、こびともころんだ! »

よく聞いてくれた「森の家」

助っ人でいっているI南小学校の朝の読みきかせ。今日は年度末ということでいつもより時間が長く、25分いただけた。風邪で読み手の欠席が多く、わたしは3年生の2クラス合同で引き受けることになった。

プログラムは
 絵本 だるまさんが かがくいひろし作 ブロンズ新社
 おはなし 森の家 グリムの昔話
 絵本 ハンタイおばけ トム・マックレイ作 エレナ・オリオゾーラ絵 青山南訳 光村教育図書

「森の家」は、わたしが語ると15分を少し超える。長いわりにストーリーは中学年までだろうと思われる。またわたしがいつも行っている小学校では朝の読み聞かせは10分(早めに教室に入れればと15分くらい)ということもあって、覚えたものの一度も子どもの前に出していない話だった。
派手な動きはないし、子どもたちは退屈しないだろうかと心配だった。それでも『お話のリスト』(東京子ども図書館)に書かれている「集中してよく聞く」という言葉を励ましに語ってみたのだ。
 本当によく聞いてくれたので、びっくりだった。語っているほうは、物語のラストを知っているが、初めて聞く子どもには、森の家で起きていることの意味がわからない。サスペンスドラマのように怖いおはなしなのかもしれないと思った。後半、ちょっと私の語りがうまくいかなくて(何度も練習しているが語りにくい)だれたのが反省点。また機会があったら語りたいと思う。

さて、『だるまさんが』。さすが3年生になると反応がいい。「だ る ま さ ん が」のあとにページをめくると爆笑が起きる。「あーおもしろかった」の声も聞かた。

« また張り切りすぎ? | トップページ | だるまさんがころんだ、こびともころんだ! »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

そらこさん
「森の家」語られるんですね。いいな、私も覚えたいです。でも、こんなお話をよく聞いてくれるとうれしいだろうな と思います。

マーガレットさん

語るまではとても不安だったので、うれしく思いました。また機会があるといいな。そのときは後半をだれないようにしたいです。
このお話は、表目には、ものすごくわかりやすくて生真面目なメッセージがあるのですが、奥には、私欲にとらわれて苦しむ人間の姿が描かれているのでは、と語っているうちに思うようになりました。
いろいろなことを感じ取れるのが、昔話のおもしろいところですね。

あー。聞いてみたいです。
語りでサスペンス。怖いでしょうね。
怖いの苦手なので、ドキドキして、逃げたしちゃうかも。
(どんな大人なの!)
「だるまさんが」は、色々な所で紹介されていますが、
面白そうですねえ。

こももさん

怖いお話といわれるお話ではないのです。にげだすほど怖くはないと思う増すよ。でも、何がおきているのかわからないので、不気味で、先を聞きたくなると思います。
「だるまさんが」人気ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/40393294

この記事へのトラックバック一覧です: よく聞いてくれた「森の家」:

« また張り切りすぎ? | トップページ | だるまさんがころんだ、こびともころんだ! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ