最近のトラックバック

« 終わったらぐにゃり | トップページ | それで終わり? »

小さな子から大人までさまざまな反応

昨日の午前は、隣市図書館でのおはなし会。

雪が降りそうな時だったので、出足が鈍ると思ったが、意外にも子ども18人、大人8人という大人数のおはなし会になった。

プログラム

 おはなし コートのおはなし おはなしおばさんの小道具「おはなし」より 一声社 *
 絵本 シャンプーなんて、だいきらい アンバー・スチュアート文 ローラ・ランキン絵 おおつかのりこ訳 徳間書店 *
 絵本 このもようだあれ? (ひらいてごらんどうぶつえほん) 石津ちひろ文 スヴェトラン・ユナコビッチ絵 小学館 *
 絵本 はじめてのゆき (こどものとも傑作集 (62)) なかがわりえこ文 なかがわそうや絵 福音館書店
 手遊び 1本橋のはくしゅ
 紙芝居 ちいさなきかんしゃ 池田善朗/作 津田光郎/画 童心社 *
 ペープサートのクイズ

シャンプーなんて、だいきらい』と『ちいさなきかんしゃ』は地元図書館でも、1月、2月に読み、感触がよかった。

シャンプーなんて、だいきらい』は、子どもたちはウサギのポップの気持ち、大人はお母さんの気持ちがよくわかって、親子で反応してくださった。かわいいウサギの男の子の行動にくすくす笑い出すお母さん、読み終わったら、「ふうん、そうなのか」と納得している子がいて楽しい。
ちいさなきかんしゃ』は、ストーリーは4、5歳向けだと思う。でも、1、2歳の子が機関車を見ただけで大喜び(手にはトーマスの絵本がしっかりにぎられていた)。とちゅうに出てくる汽車の音を、いっしょにいってくれた。

おもしろかったのは、『このもようだあれ? (ひらいてごらんどうぶつえほん)』、もようから動物をあてさせる絵本だ。1、2歳の子は、ほかの子がいう動物の名前を復唱していた。そのうち「オカピ」という動物のおしりはシマウマにそっくりで、子どもたちは「しまうま」と答えた。その「しまうま」という言葉がよほど好きなのか、気にいったのか、あるいは知っているのか、その子は、「牛」のときに「しまうま」と答えた。次が本当のシマウマなので、わたしが「もうすぐだよ」といってページをめくると、その子は急に黙ってしまったのだ。

やれやれ、子どもの反応はまったく予想がつかない。

« 終わったらぐにゃり | トップページ | それで終わり? »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/40068333

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな子から大人までさまざまな反応:

« 終わったらぐにゃり | トップページ | それで終わり? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ