最近のトラックバック

« それで終わり? | トップページ | ストレートな反応 »

とほほの最後

昨日は小学校、高学年の朝の読み聞かせ

高学年は1学期に1回なので、今年度最後。そして6年生は小学校で最後の読み聞かせということになる。
わたしは、メンバーの好意で自分の息子のクラス6年2組へ入らせてもらった。それは、ありがたいことなのだが、息子のクラスは苦手だ。
息子の好みに合わせたいが、その息子の注文がむずかしい(ストーリーテリングはいや、重いの、まじめなのはダメ)。息子の友だち、担任の先生の目を気にしすぎてしまう(自意識過剰です)。といった理由で、選書も、読むのも、ガチガチになってしまう。

選んだのは、次の2冊

 読み物 ぼくにはしっぽがあったらしい (おはなしパレード) なかがわちひろ/作 理論社
 詩の紹介 「あなた」(『みみをすます』より) 谷川俊太郎/作 柳生弦一郎 福音館書店

ぼくにはしっぽがあったらしい (おはなしパレード)』は、先日、中川千尋さんの講演会でおはなしを聞き、科学まがいに想像を遊ばせているのがおもしろい~と思った。
挿絵の細かいところは少し飛ばしながら音読してみると10分程度だった。絵は小さいけれど、言葉だけでも十分楽しいと読んだ。
結果は、うーん、まじめな顔で聞かれると、困ってしまう。

「あなた」は、いつか卒業前の6年生に紹介したいと思っていた詩だ。読み通すと5分近くかかる。それだけ長い時間、詩の朗読をする力量はないので、最初と最後のところだけを読み、学校図書館にあるので、読みたい人はぜひ手にとって読んでねと紹介した。
こちらも、しんとして聞いてくれたけれど、どうだったのだろう。そもそも、こうした詩の紹介の仕方がよかったかどうか。どうか、ひとりでも、本を手にとってくれますように。

さて、おはなしが終わると、さすが6年生。先生に「小学校最後のお礼をいいましょう」というと、代表の子がさっと、「長い間、読み聞かせしてくれてありがとうございました!」。ほかの子がいっせいに「ありがとうございました!」。
わたしも「みんなが聞いてくれたから、おばさんたちは楽しかったよ。ありがとうございました」とか、なんとか気のきいたことをいえばいいのに、胸がつまって、頭がまっしろで言葉がでず、「みんなもがんばってね」としか言えなくて、自分が情けなかった。

息子の感想はこわくて聞いていない。まず1冊目ですべっているし、2冊目は息子の嫌いなまじめ路線だ、満足しているはずもない。息子からも、わたしにはなにもいってこない。親に気をつかっているのだ。親子でその話題をさけている。なんといっても似たものどうしですから。

« それで終わり? | トップページ | ストレートな反応 »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/40120782

この記事へのトラックバック一覧です: とほほの最後:

« それで終わり? | トップページ | ストレートな反応 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ