最近のトラックバック

« なかよしさん? | トップページ | プログラムがきついかな? »

夏休みの思い出

昨日、乳幼児学級で、小学6年生の子が読み聞かせをするという企画があった。企画をつくった子ども会の役員さんが、わたしの知り合いで、声をかけてくれたので、お手伝いした。最初6年生は4人くらいということだったが、結局参加したのは女の子が2人だった。
大型絵本をふくめ赤ちゃん絵本をいろいろ準備していったが、ふたりの紙芝居を読みたいという希望で、紙芝居ふたつ、大型絵本1冊のプログラムとなった。

紙芝居 ジュースちょうだい 木曽秀夫/作画 教育画劇
紙芝居 おいしいとびらをとんとんとん 土田義晴 童心社
大型絵本 ぴょーん (ポプラ社のよみきかせ大型絵本) まつおかたつひで作 ポプラ社

乳幼児学級には50組みぐらいの親子が集まっていただろうか。会議用の机をならべて座っている。夏休みとあって小学生の顔も数人見える。多勢なのでマイクをつかっての読み聞かせということになったが、机に座ったままでは、後ろの方は絵がみえないし、おはなしがとどきにくいということで、できるだけ前にでてきてもらった。

小学生の子たちは、とても上手に読んだ。はじまる前に別室で少し練習しただけだが、落ちついて、ちゃんと間をとっている。小さな子たちも、よく聞いていた。紙芝居がはじまるなり、しんとなった。ジュースやお菓子がいっぱい出てくるせいか、よだれをだして、じっとみつめている子もいれば、絵にでてくるものを「きりん」「ぞう」という子もいる。
『ぴょーん』は、お母さん方から感嘆の声があがった。あれだけ大きいと迫力だ。

おはなし会が終わってから、女の子たちの感想をきくと、「聞いている子どもたちの顔がとてもかわいかった」という。なんという余裕!! 彼女たちが楽しんでいるのが、小さな子どもたちにも伝わったのだろう。

彼女たちにもわたしにも、夏休みのすがすがしいて思い出となったと思う。ありがとう。

« なかよしさん? | トップページ | プログラムがきついかな? »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/16283082

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの思い出:

« なかよしさん? | トップページ | プログラムがきついかな? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ