最近のトラックバック

« 夜のおはなし会 | トップページ | わかりやすい絵本、むずかしい絵本 »

児童館は子どもたちでいっぱい

7月最終日は児童館でおはなし・ぽぴんずストーリー・テリングのお話会

今回は日本の昔話ばかりのプログラムになった。

 てあそび いちにのさん
 おはなし うりひめ 日本の昔話
 てあそび いちにのさん
 おはなし 犬と猫とうろこ玉 日本の昔話

この児童館で語るようになって3年目になる。先生が熱心に子どもたちを誘ってくださるので、毎回人数が増えて、今会は50人ほどが図書室にところ狭しと集まった。

「うりひめ」は、なかなか語る機会がなく、子どもの前で語るのは初めてだ。はじめは、「ももたろう」にそっくりだが、「うり」が川から流れてきたり、生まれてきたのが女の子だったりする。そのたびに、子どもたちは、あれ?という顔をする。それから、あまんじゃくとうりひめのやりとりに真剣にききいり、カラスの鳴き声でどうなるかな?という顔をする。子どもたちをよくひきつける話だと思う。

「犬と猫とうろこ玉」は、いろいろなテキストがあるけれど、これは『おはなしのろうそく15』に載っているもの。調子がいいので、聞いていて心地よい。話をきいていないと、ついていけなくなるのだが、だいたいの子どもたちは最後までよく聞いていた。

ひとり、まだ2歳の子がお姉ちゃんといっしょに一番前の席にすわっていて、途中一度「ママー」と後ろを振り返ったのだが、お母さんの姿を確認するとまた静かに聞いていた。ストーリーはまだわからないと思うのだけれど、大きなおねえちゃんやおにいちゃんたちといっしょに聞くことが、楽しい体験なのかもしれない。

今年から、この児童館では児童保育はなくなった。でも、たくさんの子が朝早くからお弁当持ちで来ているときいて驚いた。児童館の先生はとても忙しそう。そのうち、夏休みに子どもと遊ぶボランティアなんて、募集されてもおかしくないなと思う。

« 夜のおはなし会 | トップページ | わかりやすい絵本、むずかしい絵本 »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/16010405

この記事へのトラックバック一覧です: 児童館は子どもたちでいっぱい:

« 夜のおはなし会 | トップページ | わかりやすい絵本、むずかしい絵本 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ