最近のトラックバック

« 図書館 春休み特集 | トップページ | 恥ずかしがりやさん かな? »

鼻水ずるずる

春休み最後の今日は、児童館でのおはなし・ぽぴんずのおはなし会。

プログラムは

 こすずめのぼうけん エインワース作 *
 わらべうた・手遊び つくしんぼ *
 ちいでにペロリ デンマークの昔話

児童館では、いつも、就学前の子をつれたお母さもいっしょにきいてくださるので、「こすずめのぼうけん」を、プログラムに入れていたのだが、なぜか今日は、小学生の子ばかり。でも、30人近く集まってくれた。

はじめ、ストーリーテリングの説明をすると、ええっー、絵がないの?と驚き、寝転んだりするので、大丈夫かしら?と心配しながら始めた。だが、意外にも、その子たちが、楽しく反応して、場の雰囲気を盛り上げてくれた。

わたしは、春の冷えこみで、昨日から風邪をひいてしまい、「こすずめのぼうけん」を語りだしたら、鼻がずるずるでてきてしまった。どうにも気になって語りがおろそかになってきたので、ついに、話の途中で「ごめんね、鼻水がでてきちゃう」といって、鼻を拭き、また語り始めた。それからは、集中して語れた。お母さんすずめが迎えに来たところで、ほっとする顔が子どもたちの中に見えて、よかったと思う。
話し終わると「おばさん、花粉症?」と、前の男の子がきき、風邪とはいいにくく、まあ、そういうことにしておいた。

「ついでにペロリ」は、前の3人が、ねこになって食べるふりをはじめ、イメージが広がっていったようで、笑いがまきおこった。「へそまがり」「つむじまがり」という言葉も楽しいらしい。
語り終わった後、本の紹介をすると、たくさんの子が見に来た。とてもおもしろかったのだなと思う。

さて、わらべうたで手遊びをしたときのこと、両手をひっくり返して、指と指を組み合わせ、目の前に持ってきてもらい(形をうまく説明できないが、わたしが子どものときは、じゃんけんをするとき、次にだす手を決めるために、よくさかさに指を組んだ)、「つくしんぼ つくしんぼ ずきんこかぶって でてこらせ」で、指を1本たてる遊びをした。
ところが、この形に手を組めない子がいて、驚いてしまった。できない子は、普通に組んでやってねといって続けたが、子どもは、ほんとうに様々だ。

« 図書館 春休み特集 | トップページ | 恥ずかしがりやさん かな? »

おはなし・ぽぴんず(ストーリーテリング)」カテゴリの記事

コメント

春休みも楽しいおはなし会が開かれているのですね。児童館はさまざまの年齢の子が集まっていて、おはなし会といっても強制ではないので、なかなか集まってくれないし、周りはうるさいしで、私にはなかなかよい思い出がありません。そらこさんのところは素敵ですね。

マーガレットさん

児童館と図書館でのおはなし会は、とっても楽しいときと、ひたすら修行の場になるときと、そのときどきです。
今回は、春休みの最終日で、児童保育で1週間、いっしょに過ごした子どうしだったので、仲間の和ができていたようです。やんちゃ盛りの男の子3人が、楽しくリードしてくれたのも、よかったです。
続けて、定着していくといいなと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/14566835

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻水ずるずる:

« 図書館 春休み特集 | トップページ | 恥ずかしがりやさん かな? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ