最近のトラックバック

« はやっ! | トップページ | くふっ、わかったね。 »

親子で選んだ絵本

今日の小学校朝の読み聞かせすいすいは5年生。息子のクラスだ。
ほかの読み聞かせのお母さんがたは、自分の子どものクラスで読みたいとおっしゃるけれど、わたしは、どうも苦手。息子の目、息子の友だちの目、そして先生の目が気になって、上手に本選びができない。この年になっても、自意識過剰なのだ。
息子だって、教室でいっしょに聞くわけだから、他の子と同じように楽しんでほしい。だからほんとうは秘密で本を選びたいところだが、結局は、息子に「この絵本どう?」と相談してしまう。今回も、あれこれ悩みぬいた後、選んだのが下の3冊。

絵本『わがままいもうと』ねじめ正一/文 村上康成/絵 教育画劇
絵本『きらい』二宮由紀子/作 永島正人/絵 解放出版社
絵本『おとうさんにもらった……』えびなみつる/作 架空社

『きらい』は、ずいぶん前から本棚にあったのを、わたしも息子も別々に読んでいて、互いにどのきらいが好きかいいあって、5編選んだ。息子に言われてはじめてわかったおもしろさもあって、そのくだりを思い出してはふたりで大笑いしたりした。
『わがままいもうと』も、どう読めばおもしろいか、息子に聞いてもらった。
この3冊の他にも、『はらぺこおおかみと7ひきのこやぎ』や落語絵本の『しにがみさん」、『きこりとおおかみ』などもふたりで読んで、思いがけず親子の楽しい時間になった気がする。『しにがみさん』は息子がものすごく気に入って、自分で覚えて修学旅行か合宿の夜に話すらしい。さて、どうなるやら。

ところで、教室では……、さすが息子は現役の5年生男子児童。子どもたちは(とくに男の子)、喜んでくれました。

« はやっ! | トップページ | くふっ、わかったね。 »

すいすい 朝の小学校おはなし会」カテゴリの記事

コメント

息子さんがよきアドバイザーになってくれているんですね。うちもずばりと感想を言ってくれるので、案外頼りになるんですよね。だめだしされたりして・・・。
思いがけない絵本タイム、いい時間でしたね!
そらこさんが悩んで決められた3冊、まったく手にしたことがない3冊だったので、またまた興味深いです。 息子くんの「しにがみさん」の話、さすがかえるの子はかえるですね!すばらしい~。どうなるか楽しみにしています。

フラニーさん

子どもが先生ですね。
女の子の先生もほしいです。
『しにがみさん』はセリフが続くので、自分で場面の説明をつけ加えたりしています。そろそろ家族で落語を聞きにいきたいなあ。

ワクワクする夜に語られる『しにがみさん』。気になって図書館から借りてきました。へぇ、面白い。絵もいいですね。でも、なんで死神さんは男に親切なんだろう?って細かいこと言っちゃあいけないかな。

あそびっこさん

絵がいいでしょう(とくにろうそくが見開きページ一面にあらわれるところは圧巻)。
大きな子に、どこかで読みたいけれど、話題が話題だけに、朝の読書には向かないのが残念です。
これは落語ですが、グリムの「死神の名付け親」とそっくりなのに、驚きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/13906412

この記事へのトラックバック一覧です: 親子で選んだ絵本:

« はやっ! | トップページ | くふっ、わかったね。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ