2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« でっかーい絵本 | トップページ | おひなさまのおはなし会 »

2007年2月23日 (金)

わいわい、きゃーきゃー

11時ごろ宅急便が来て、そのとき外へ出たら、ほとんど朝からの雨がやんでいた。これならお昼にはあがると思って、のんびりしていて、お昼過ぎにふと外を見たら、細かい雨がふっているじゃない。きゅうきょ仲間に電話したが、みな行かれないというのでひとり学校へ。
一人なのでドア当番ができない上に、悪事情が重なって、落ち着いた雰囲気にできなくて、大変だった。
まずは金曜日の今日は、牛乳パックを集める日だそうで、いつもおはなしに使わせてもらっている部屋を通って、隣の部屋へ各クラスの当番さんがぱ゛ら牛乳パックを持ってくる。
それに、おはなしにきてくれた子は、もう元気元気。1年生は、昨日まで学級閉鎖していたクラスもあったはずなんだけれど、どの子もエネルギーがありあまっている感じ。
おまけに、いつもきてくださる先生が、なぜか今日は誰もいらっしゃらない。
ものすごーくうるさい環境でのおはなし会になってしまいました。ふうっ! 仲間のありがたさと、一喝で子どもたちを黙らせる先生の偉大さを感じました。

それでも、数人の子は一生懸命きいてくれました。

 でんきがまちゃんとおなべちゃん 長野ヒデ子作 学研
 あなたはだあれ? 五味太郎作 絵本館
 ぼくびょうきじゃないよ 角野栄子作 垂石真子絵 福音館書店

いちばんきいてくれたのは『ぼくびょうきじゃないよ』。びょうきのぼくのとこへ、こぐまを往診にいく、くま先生がなぜか、道を間違えてきてしまい、くま式の治療で治してくれるお話。くま先生は3回あらわれるのだが、そのたびに子どもたちは、次は違う先生が現れると予想している。わたしは読みながら笑いをこらえるのに懸命だった。

さて、時計を忘れてしまったので、まだ時間があると思って、次に『とらとほしがき』という韓国の絵本を読みはじめたら、鐘がなりはじめ、途中だけれどやめる。失敗でした。

お昼休みは、どうしてもざわつくので、短くて、ぱっぱと進むもの、単純に笑えるものを用意しておいたほうがよさそうだ。

« でっかーい絵本 | トップページ | おひなさまのおはなし会 »

雨の日のお昼休みおはなし会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わいわい、きゃーきゃー:

« でっかーい絵本 | トップページ | おひなさまのおはなし会 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者