最近のトラックバック

« | トップページ | ひなぎくの冠をかぶって »

シャーロットのおくりもの

今年のおはなし会はじめは、地元図書館で
張り切らなきゃいけないのに、なんだか、ぼーっとしたままだった。ごめんなさい。

つまりは正月ボケなのだけれど、さらにいいわけするなら、暮れからはまっている『盗神伝』シリーズと昨日息子と観にいった「シャーロットのおくりもの」のせい。

「シャーロットのおくりもの」は、字幕版で観るつもりだったのだけれど、最寄の映画館では、字幕は深夜のみ。仕方なく吹き替え版となった。でも、とくに、シャーロットの声(鶴田真由さん)が艶っぼくて、温かみがあって素敵だったし、ウィルバーの声(小清水一輝くん)が、無邪気で一途でかわいかった。それから、たぶん映画向けに登場させたと思う2羽のカラスの、大阪弁でのかけあいが傑作。これも吹き替え版ならではの楽しみだから、結局のところよかったとしよう。ただ、ファーンの声は、ちょっと大人びすぎた感じ。ダコタ・ファニングちゃんの声はどんなだろう?と気になる。

原作を読んだのはずいぶん前なので細かいことはわからないけれど、作品はわたしの中のイメージそのままにしあがっていて満足のいくものだった。
でも、実はそんなことはどうでもいい。とにかく子ブタのウィルバーがかわいかった~。どうしてあんな表情ができたのだろう。あのあどけない表情と愛くるしい声があわさったら、もうだめ。まいりました!愛さずにはいられない。

胸をいっぱいにして観ているわたしのよこで息子は、ちょっとさめ気味。彼が映画にもとめるのは、もっとダイナミックでスリリングな映像なのだろう。母としては、共感できないのがさびしい気がする。

« | トップページ | ひなぎくの冠をかぶって »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
そらこさんのお話会活動は、年末27日で年明け6日。お正月はさんで10日だもの。頑張っておられますね。

こちらは1月17日小学校の朝読から始まりです。そして19日が本当に久々の図書館でのお話会。小さい人たちに会えるのがとっても楽しみ!あ、18日は年に何回もしない人形劇の公演だわ。私の来週はけっこう素敵です。

その前の自分へのご褒美(!)に、明日「シャーロットのおくりもの」を観に行く予定です。

あそびっこさん

わたしは、月の第1土曜日と第4木曜日が図書館でのおはなし会の担当なので、毎年、おはなし会ではじまり、おはなし会で終わるという感じになります。

人形劇もなさるのですね。あそびっこさんの元気な鼓動がきこえてきて、わたしも、しゃきっとしてきました。

「シャーロットのおくりもの」
感想をまたきかせてくださいね。

そらこさん
「シャーロット」昨日観に行きました。よかったです。
トラクバックさせていただきました。

観に行けたのですね!子豚ちゃん、可愛かったですよね♪
でも、息子さんには物足りなかったんだ・・・。さすが、お兄ちゃんです。うちも、そうなっていくんだろうなあ。
我が家では、「ラッシー」の方も観てきましたよ!
コチラの方が冒険モノなので、男の子向きかもしれません。うちの息子も、冒険はいいな~の連発でした。

あそびっこさん

トラツクバツクありがとうございます。
わたしも、トラツクバツクさせていただきました。

こももさん

おお、ラッシーも観られたのですか。うらやましい~。予告を観たのですが、ラッシーは、息子に拒まれてしまいました。感動を照れるというか、そういう年頃かもしれません。
この1、2年で急に大人びてきたので、こももさんの息子さんも、急にかわりますよ。うちもまだこれからどんどん変わるのでしょうが……。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャーロットのおくりもの:

» 映画「シャーロットのおくりもの」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Charlotte's Web 原作:E.B.ホワイト『シャーロットのおくりもの』 児童文学ながら世界中で4,500万部というElwyn Brooks White『シャーロットのおくりもの』の映画化、・・蜘蛛に泣かされるなんて自己嫌悪に陥ってしまう・・ 農家の娘ファーン(ダコタ・ファニング)は... [続きを読む]

» 果たされた約束 [あそびをせんとや ~~あそびっこ~~]
「シャーロットのおくりもの」 Charlotte's Web                   2006年 ゲイリー・ウイニック監督 米  まるで絵本が開くようにアニメの風景が広がり、やがて実写へと移っていくオープニングも、ナレーションが物語を進めていくのも、原作の雰囲気を大切に映画に描いている感じがしてとてもよかった。CGを駆使してだろうが動物達が本当に生き生きとしているのも楽しかった。仔豚のウィルバーの純粋さが農園の動物達と蜘蛛のシャーロットの仲を繋ぎ、ウィルバーとシャーロットとの友情... [続きを読む]

» ダコタ・ファニング、話題作の批判に怒り [ネット丸トク情報]
12歳の米天才子役のダコタ・ファニングさんが、新作の「ハウンドドッグ」への批判に怒りをあらわにしました。どうしたんだろ?ダコタ・ファニングさんといえば、「シャーロットのおくりもの」に主演した12歳の米天才子役ですよね。ファニングさんは「ハウ...... [続きを読む]

« | トップページ | ひなぎくの冠をかぶって »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ