最近のトラックバック

« 大人のファンタジー読本 | トップページ | 牛方とやまんば »

息子、足にひびをいれる

先週の月曜日、息子が遊具から落ち、左足の小指と薬指の付け根のところの骨を痛め(ひび)、しばらく松葉杖のやっかいになります。怪我は年内中になんとか直りそうですが、松葉杖生活に親子ともなれないものだから、おちつかず、Blogの更新ができないまま、あっというまに一週間過ぎてしまいました。息子はいまや普通に歩くより早く移動できるようになりました。わたしもようやく、お風呂のあとの着替えやら、学校の送り迎えやらなれてきたところです。まだ、足がすこし腫れているけれど、足の痛みがとれてきたので、治ってきているんだと思います。体を動かすのが大好きな息子が、静かにしていなければならないのはかわいそうですが、仕方ない。はやく、よくなーれ。

« 大人のファンタジー読本 | トップページ | 牛方とやまんば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大変でしたね。
でも、年内には治るということ、ほっとしました。

普通に歩くより早く移動の息子さん!
この状況はいやだと思うけれど、少しは楽しみながら、早く治ってくれるとよいですね。(だって、こんなにお母さんがかまってくれることはないですよね。もう嫌だと思うお年頃でしょうか)

お大事に!

 わわわ、大変でしたね。
 うちも長女が運動会の練習中に圧迫骨折で足の指の骨を折りましたが、10日後(くらいだったと思う)の運動会、走る以外は大丈夫と言われてびっくりでした。子どもの回復力ってすごいです。
 とはいえ忙しい時期、お大事に。

shoko さん

ありがとうございます。

「王様みたいな生活でいいな」というと、「ちっともよくな」とふてくされています。

きょうは3階の教室から、けんけんで一気に降りるようになりました。おそろしい。

ぎねびあさん

ありがとうございます。

10日は早いですね。
うちは、骨が治ってからも、しばらくは、松葉杖をついて、使わずに弱った足を慣らしてから、普通の歩行になるようです。
杖がなくなったらなくなったで、母親としては、無茶しないだろうかと心配かも。

大変でしたね。男の子って、どうしてそうなんでしょうね。
うちの息子も、先日、のぼり棒から飛び降りて、じん帯を痛めて通院しました。大人しくしているように言われたのに、次の日には、階段からジャンプ!
近所のお友だちは、手首にヒビが入ってしまったのですが、お医者さんに「男の子だから、治っても1週間はギブスしておきましょう。」と言われたそうです。
身体が、頭とは別に、勝手に動いちゃうんでしょうかね?男の子って。女の私には、謎です。

わ~、それは大変なこと・・・。
でもすばらしい治癒力ですね。
うちの娘も、年長時に右足首複雑骨折して、それは辛い思いを親子でしたのですが、
治りかけてくると、それはそれでやきもきするんですよね。
付き添いもお疲れさまです。
息子さんは、思うように動けなくて心身ともにつらいかな。
早く完治しますように。

大人のファンタジー絵本のコメント、ごめんなさい、URLを入れ忘れてしまいました!

こももさん

ありがとうございます。

うちは、男の子にしては慎重派だと思うのですが、なぜか怪我がたえません。ちょこまか動くのがいけないのかな? 

じん帯を痛めるというのも、痛そうですね。

こういう事故があるたびに、なにもない一日の喜びを感じます。

フラニーさん

複雑骨折は、時間がかかったでしょうね。まだ、年長さんでまだ小さくて大変だったと思います。
息子は、体育と昼休みにじっとしていなくてはならないのが、いちばんつらいみたいですが、それなりに順応してやっています。
これもいい体験になるかな? こういうことは、これで最後にしてほしいけれど……。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息子、足にひびをいれる:

« 大人のファンタジー読本 | トップページ | 牛方とやまんば »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ