最近のトラックバック

« 2日連続お昼休みのおはなし会 | トップページ | エラゴン »

初めての小学校

ブックサポーターでごいっしょさせていただいている方に、わたしたちのストーリーテリングの会のことを話したところ、「うちの小学校でもぜひ語って」と言ってくださった。そこで、朝の読み聞かせの時間、I南小学校の高学年で語ることになり、今朝は、3クラスある5年生の教室に一人ずつはいらせてもらった。

わたしのプログラムは

『きらい』(二宮由紀子文 永島正人絵 解放出版社)から一遍
『ルンペルシュティルツヘン』グリムの昔話

初めての学校のなので、子どもたちがどんな様子なのか、先生はどうされているのか、まったくわからずとにかく緊張した。15分くらい時間があると聞いていたので、ちがう絵本も用意していたのだが、机を後にずってまとまって座ってもらったりしたら(今まで、授業と同じ形で聞いていた様子)、残り12分くらいになってしまった。そのまま語りだけするのも、子どもたちがはいって来れるか心配だったので、『きらい』のなかのライオンのを読んだ……無反応。心配だなあと思いながら、「ストーリーテリングって知っている?」と聞くと、「?」という顔をしている。「絵本も紙芝居も使わない、聞くお話だよ」と言うと、ひとりの男の子が「一度聞いたことがある」と答えてくれ、ちょっと、安堵して始めた。

さすが5年生だから、静かに聞いてくれた。はじめのうちは、そわそわしたり、つまらなそうにそっぽをむいていた子も多かったが、お話のところどころで驚いたように顔をあげて聞きだし、真剣な顔が増えてくるように思った。先生も一生懸命聞いてくださる。わたしも、雑念を払いのけ、払いのけ、集中につとめて語った。ラストまで語ったとき、この子は聞きそうもないと思った子が、ものすごく真剣に聞いているのに気づいて、うれしかった。
おはなしが終わり、そのまま挨拶をして帰ってきた。それはいけないことだけれど、ああ、感想がききたーい! 自分の学校では、子どもたちが慣れ親しんでいることもあり、語りながら子どもたちと心がふれあっている気がするのだけれど、今日の子たちとは、まだそこまで、近づいていない気がする。私もカチカチだったし、もっとゆったり時間がほしいと思った。

帰りに、I南小学校の会の方から、「3月は6年生でお願いします」と言われ、わたしたちはほいほいとひきうけてきた。大きい子向けのおはなしは今まで語る場所が少なかっただけに、うれしい。さあ、がんばらなくちゃ。

« 2日連続お昼休みのおはなし会 | トップページ | エラゴン »

おはなし会いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148116/13148781

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての小学校:

« 2日連続お昼休みのおはなし会 | トップページ | エラゴン »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ